topimage

2017-09

AKIKOファミリーのグアテアラ旅行♪ - 2015.08.21 Fri

今から16年前に一緒にグアテマラに来たAKIKOさんと再会
子どもれで「グアテマラ旅行」。


akiko.jpg

アンティグアにて。

いつも一緒の仲良しの母子。
グアテマラに慣れるまでアンティグアでと。
観光地のアンティグアで3日ほど過ごしました。



2.jpg

アンティグアから、コマラパへ向かう途中に休憩したテクパンにて。
(あれ違う。コマラパからソロラへ向かう途中でした)


始めての乗馬。

なぜか知らぬ間にのっていた息子のSくん。

小さなポニーを怖がってたのにと、
昭子ママもびっくり。

2回目は妹のYちゃんも一緒に乗って、
小さな散策♪

(後ろのほうにいるのが昭子ママ。
スリーショットです)



IMG_1810.jpg

公園で遊びたい~というYちゃん。

グアテマラにはないのよ。
という昭子ママに泣きそうになっていたけれど、

ところどころにあった、
公園もどきで遊びました…。

Yちゃん、あまりにも高く漕ぐので
グアテマラのぶらんこ外れないか?!
とびくびくしてました。



akiko7.jpg

アティトラン湖畔へ買い物へ行ったとき
物色中のママを待ちつつ遊ぶ子どもたち。


民族衣装の子どもと一緒に遊ぶのも、
やっぱりいいな~ 
グアテマラらしいな~と
微笑ましく見ていました。


ソロラの学校に行ったり、
作業所にきた女の子たちと一緒に過ごしたり、
友だちのところへ遊びに行ったり、
私の家の子どもたちと遊んだり、
あっという間のソロラ滞在。


IMG_1791.jpg

ソロラのお家の人に
お好み焼きを作ってくたAKIKOさん。

5家族、総勢23人なので
一家族一枚ずつ。

みんな美味しかった~と
大好評でした。
どうもありがとう。


P1060472.jpg

最後の日
ソロラのおばあちゃんと。


毎日遅くまで遊びまわっていた
ソロラの子どもたちの写真を撮っていませんでした。
(残念)


今はコマラパで、
グアテマラ生活を満喫中のはず。

ソロラの家の子どもたちも
「Sはいつ来るの?」
「Yはまた来る?」

毎日質問されます。


もっとしたいことがあったのに、
あっという間に過ぎてしまったソロラ時間。

ソロラの子どもたちにとっても、
大切な時間になりました。

いつかまた会える日を願って。
アスタプロント 




















飛鳥・・・寄港 - 2015.07.24 Fri

先日有名な豪華客船
飛鳥Ⅱが始めてグアテマラへ寄港されました。

(この旅の詳細はASUKA/HPに記載されています。)


asuka.jpg

朝7時。

グアテマラのケッツァル港に到着されたばかりの飛鳥Ⅱ。
皆さんと落ち合うために港へ行くと、
大きくて美しい姿がありました。


asuka2.jpg


El Puerto Marina Pez Vela

クルーズ船は通常ここにつきます。

グアテマラの国の楽器マリンバでお出迎え♪


それぞれのツアーに行かれたり、
港で催されるイベントを楽しまれたり、
お買い物をされたり
過ごされるようです。


今回、私はティカル遺跡ツアーにご一緒させていただきました。



asuka4.jpg


夕方、ティカルから無事戻り、
皆さま船に・・・・。


お見送りするため、
出航までの2時間を港で待ちました。


少しずつ明かりが灯っていく船を見ながら、
今日のことを思い出しながら、
海風にあたりつつ…。


次はアメリカのサンディエゴへ。
素敵な旅が続くことでしょう。



世界を回る旅の一つとしてグアテマラを取り入れていただき、
短い間でしたがその時間をご一緒出来たことに
感謝です。


いつも何をしているか分からないようなブログですが、
今日は本職のグアテマラ政府公認ガイドでした…。



西田さんの撮影旅行が珍道中?! - 2015.06.26 Fri

西田さんの撮影旅行・・・。
いつも一緒に行ってくれるウイリアム。

必ず何かしでかしてくれるのですが、
今回は?!



w1.jpg


ブレーキの破損!!
(Disco de freno/ディスクブレーキ)
パキリとかけてました。

トゥムロと呼ばれる、
車の速度を減速させる道路のでっぱりを超えながら、
前の車を追い越そうとしたら、
バリ!!!!
という音が。

陽気に話していたウイリアムが、
真剣な顔になり路肩へ移動。
タイヤを外し修理を始めました。


「どれくらいで終わる?」
「30分ぐらい」

「手伝わなくてもいい?」
「大丈夫」

「あ、でもブレーキオイルがいる。
手に入れてきてくれ」

こんな田舎の街道のどこで??


と思いながらも
渡されたブレーキオイルの缶を片手に、

突如
どこにいるのかも分からないまま、
西田さんの写真撮影が始まったのです。



w2.jpg


「これある?」
ありっこないと分かる店にも顔を出しながら、
行きかう人と挨拶しながら、
お家や、露店を除きながら、
ぶらぶら。

もちろん西田さんは
しっかりとり撮影されていました。


しばらく歩いて、
いろいろな人に聞き、
2~3㎞先のガソリンスタンドに行かなくてはないということが分かったので、
あきらめつつ戻ると、ウイリアムの車の周りには子どもたちがいっぱい!


w.jpg


ちょうど学校帰りの子どもたちが、
車をなおすのを眺めたり、
手伝いさせられたりしていたのです。

私たちもそばに腰を下ろして、
子どもたちとお話し♪


普通だったら警戒するだろう子どもたちも、
ウイリアムの車がこわれていて、
それをなおしていて、
そこにいるただの外人。
なのでうちとけてくれていました。

ケクチ語講座も始まって
可愛かった 


なぜか、走ってきたピックアップトラックを止め、
運転手のお兄ちゃんからブレーキオイルを買ったウイリアム。

そんな簡単に買えるのなら、
なぜ私たちは探しに歩いたのでしょう??


でも、偶然の必然で、
出逢えた素敵な時間でした。
(私には♪)

西田さんとウイリアムはどうだったのでしょう?


西田さんが満足される写真を撮られていることを
願うばかりです。






グアテマラのひつじたち - 2015.01.09 Fri

今年はひつじ年
せっかくなので、グアテマラで撮ったひつじさんたちを探してみました。

ちなみに、ひつじはスペイン人の到着後
グアテマラに持ちこまれた動物です。
このあたりで、最初の家畜は七面鳥…ではと言われています。


ひつじ

ウエウエテナンゴ県のパンアメリカンハイウェイから、
少し入った場所。

家族で放牧していました。
車を降りておかあさんたちとお話し・・・。

以前写真を撮られたことがあって、
そしたらグアテマラの新聞に載ってたとか。

きっとグアテマラの新聞社関係の人だったのですね。

私が、こんな風にひつじ持って載ってたのよ!
そんなのいやだからね!
とげとげの草を食べるひつじを見ながら
お母さんが憤慨していました。

その後、家まで帰るお母さんたちも車に乗り込んで、
その際、自分の手を車のドアに挟んでいたそうだったなぁ~。
(とひつじさんと全く関係ないことを覚えている私です)





__.jpg

サンマルコス県。サンセバスティアンの動物市。

なかなか行かない場所ですが、
魅力的 

そこで最初は異邦人なのですが、
しつこく居続けると、いつの間にか柵の一部になるのです。
(と思っているのは自分だけでしょうか?)





ひつじ3


サンマルコス県。ベガデボルカン。

可愛いひつじ飼いさんだったな~。

また行きたい!
グアテアラの首都からは8時間ぐらいかかってしまうけれど、
外人は全くいないけれど、

プロジェクトが入っているようで、
外人に対する嫌悪感がなく、
僻地でも奥地でも、歩いていて安心なのです。




今回ひつじの写真を見つけていて思いました。

これからは心して写真を撮っていこう!


いろいろと行かせていただくのに、
旅する場所で、何げなく撮りすぎていて
的のあった写真が少ない!

心のフィルムには結構残っているのですが、
実際の写真にあるだろうと思って探すと、
ない!!!


グアテマラを紹介していこう思っているのだらから、
心だけじゃなくて、
カメラも的に当て撮っていかなくては。
ここにきて17年目に気が付いた私でした…。












トトニカパンの黄色い教会 - 2014.12.12 Fri

時々訪ねてはいたけれど、
こんなにゆっくり回ったのは初めて。

”サンアンドレスシェクル”


どこ?
と思う方もこれを見たらすぐにわかるのでは!


toto


そう。
ここです。
この有名な黄色い教会は、
サンアンドレスシェクルのカソリック教会です。

グアテマラ市から、メキシコ方面へパンアメリカンハイウェイを走り、
クアトロカミノスで、ケツァルテナンゴ方面へ左折。
そこからすぐ、トトニカパン県にあります。


スペイン語では、
San Andrés Xeculと書かれるとおり、

守護聖人は聖アンドレス(アンデレ)

シェクルにはいくつか解釈があり、
聖アンドレスが降り立った丘の下、
または毛布などの下(寒い地方のため必要だったのであろう)

*スペイン語で読んでみたい方はサンアンドレスシェクルの歴史からどうぞ。


サンアンドレスシェクルの教会は
ほかの場所では見られない、
興味深いモチーフがたくさん。

例えば・・・。

と語りたいことろですが、
ぜひここを訪ね、
自分の目で見てください♪




toto

聖アンドレスが降り立ったといわれる丘が眺められる方角にあるのが、
カルバリオ教会

カソリック教会と同じような、
黄色を基調としたつくり。


そしてすぐ隣には、
マヤの祭壇もあるのです。


toto

この周辺には13の祭壇があり、
2番目に大きいのがここだそうです。

マヤの儀式をつかさどる、
スピリチュアルガイドさんの大学と呼ばれているとか。
(・・・続きは、こちらも現地でどうぞ♪)


カソリック教会や市役所がある
中央公園からずっと坂を上っていくとある
カルバリオ教会、
マヤの祭壇がある丘から眺め。


P1020434.jpg

町全体が見渡せます。
そして、ここで気が付くことが!


何かが干してある!
この写真では見えずらいでしょうか?



toto

実はこれなんです。
織物用の糸。


実はサンアンドレスシェクルには
たくさんの染物工房があるそう。



…これからまた長くなりそうなので後日に続きます。


PS ここで活動をしていた
青年海外協力隊のkeikoさんのブログには、
トトニカパン県のこといろいろ書かれていて、も面白いですのでぜひ♪♪

(上手く開かない方はhttp://ameblo.jp/tsururubuです)



参考: de Guate.com Xplorando Guatemala.com , Wikipedia


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め18年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (41)
グアテマラを食べる (70)
グアテマラを旅する (67)
グアテマラを書く&語る(仕事) (14)
グアテマラを織る (7)
グアテマラの人々 (32)
グアテマラの植物 (23)
グアテマラの民芸品 (9)
フェアトレード・セミージャ (12)
青い空の会(子どもの就学支援) (13)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (20)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (12)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (42)
日本のこと (37)
日本で食べる (3)
日本の植物 (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

QRコード

QR

検索フォーム