topimage

2017-04

サンファンアティタンを訪ねる - 2013.05.30 Thu

写真家の西田擁平さん が、
アンティグアのサントドミンゴホテルの博物館で
開催される写真展に合わせ、グアテマラへ。

今回はウエウエウテナンゴを中心に取材旅行。
ご一緒させていただきました。

素敵な写真は、数か月後
西田さんのホームページで発表されると思いますが、
私の旅日記を…書いてみます。


サンファンアティタン村
木曜の市に合わせていきました。
(ここは月・木曜日が青空市の日)

サンファンアティタン5

色の洪水♪
としか言いようのない、
あふれるばかりの色鮮やかな色彩。

圧倒されます。


P1090650.jpg

現在ここの民族衣装はが基本。
織り糸が、市場のあちらこちらで売られ、
これが、またいっそうカラフルさを増すのでしょう。


サンファンアティタン

ちょっとひと休憩(私が…)
西田さんはもちろん撮影中。

そんなところにも、素敵な衣装を着た人たちがいっぱい。
女性の衣装・ウイピルの着方に特徴があり、
民族衣装を見慣れた私ですら、
釘漬けになってしまうのです


サンファンアティタン2

そして男性も。
この衣装全てそろえるとQ2000以上だそう。

成人男性の40日分の賃金に相当します。


サンファンアティタン3

それなのに、上から下までぴっしり揃えている少年たち。
凛々しく着こなしている姿に、
これまた、見とれてしまいます…。



この日市場にいた外国人は、
私たちだけ。

痛いほどの視線、
そこにいる私たちを黙ってみている声の強さ。
撮影をしていたため強く感じたのだとは思いますが…。

時々、遠くから私たちチノを携帯で撮ってくれてました(笑い)


民族衣装や、マヤの人、伝統文化を好きな人が、
気合を入れていくことをお勧めします。


私ももう少し織物が上手になったら、
習いがてら過ごしてみたいなぁと思っています。


*アクセス方法*
ウエウエウテナンゴ県庁ウエウエテナンゴから
アメリカンハイウェイでメシーヤ方面(メキシコとの国境)へ。
サンファンアティタンへの入り口まで約20~30分ほど。
そこからピックアップで20~30分ほど。

*4月に道路工事が完成し舗装道路になっています。

銀行あり、コメドールあり、ホテルあり(簡易)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://ricoguatemala.blog.fc2.com/tb.php/251-bfd63790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コーヒーをちゃんと飲もう «  | BLOG TOP |  » 西田擁平さん写真展 ~アンティグア サントドミンゴホテル~

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

solola

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め16年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (67)
グアテマラを食べる (63)
グアテマラを旅する (62)
グアテマラを書く&語る(仕事) (10)
グアテマラを織る (6)
グアテマラの人々 (29)
グアテマラの植物 (22)
グアテマラの民芸品 (6)
フェアトレード・セミージャ (9)
青い空の会(子どもの就学支援) (9)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (16)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (9)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (37)
日本のこと (37)
日本で食べる (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム