topimage

2017-05

ホンジュラスのコパンにて - 2013.04.06 Sat

今年からホンジュラスコパン遺跡を訪ねるツアーが
ぐっと少なくなってしまいました。

マヤ文明の中でも唯一の美しい石碑群のあるコパン
見ごたえのある遺跡で、マヤ文明散策には必須の場所なのですが…。


以下外務省の通達。

ホンジュラスは、1990年頃までは中南米諸国の中でも比較的安全な国とされてきましたが、
1998年に当地を襲ったハリケーン「ミッチ」の被害及び2009年の政変による影響で失業者、
貧困層の人々が増加し、さらには麻薬取引等の組織犯罪の増加もあって
治安情勢が急激に悪化しています。

また、ホンジュラス国立暴力犯罪研究所の統計によれば、
2012年における人口10万人あたりの殺人発生率は85.5という極めて高い数値(2011年は86.5)
を記録する等、状況はいずれも深刻であり、邦人も強盗事件や窃盗事件などの被害に遭っています。


尚、2013年1月31日付で当国の一部地域(注)に対する危険情報が
「十分注意して下さい」から「渡航の是非を検討して下さい」に引き上げられており、
今後の治安情勢には注意が必要です。


(注)対象地域は次のとおり:首都テグシガルパ市(全域)、コルテス県(全域)、
アトランティダ県(全域)、ヨロ県(全域)、コロン県(全域)、オランチョ県(全域)、
グラシアス・ア・ディオス県(全域)、コマヤグア県(全域)、コパン県(全域)、
サンタ・バルバラ県(全域)及びオコテペケ県(全域)

外務省海外安全ホームページより)



IMG_2910.jpg


先日コパン遺跡へ行ってきましたが、
町は相変わらず穏やかでした。

子どもたちは歩いて学校へ、
市場では、新鮮な野菜が売られ、
夕暮れ時には中央公園に人が集まって、
楽しそうに団欒をしていました…。


コパンの人たちは日本の事情を知ると、
ここがどれだけ安心かを一生懸命と話してくれるのですが…。


ホンジュラスに来た時には、
ここの生の情報を発信します。
皆さんの判断の参考になれば。


もちろん危ない場所、時間はあります。
思っていない場所で、何かが起こりえることもあります。
それはどこにいても同じで、忘れてはいけないこと。
それだけは肝に銘じながら!!



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://ricoguatemala.blog.fc2.com/tb.php/237-bf536c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セマナサンタを味わえました♪ «  | BLOG TOP |  » 人というもの

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め18年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (68)
グアテマラを食べる (63)
グアテマラを旅する (62)
グアテマラを書く&語る(仕事) (11)
グアテマラを織る (6)
グアテマラの人々 (29)
グアテマラの植物 (23)
グアテマラの民芸品 (8)
フェアトレード・セミージャ (9)
青い空の会(子どもの就学支援) (9)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (16)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (9)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (39)
日本のこと (34)
日本で食べる (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

QRコード

QR

検索フォーム