topimage

2016-03

美味しいグアテマラ♪ - 2016.03.25 Fri

グアテマラに戻り、
さっそくみんなにいろいろごちそうしてもらっています♪

グアテマラならではの料理。
下包みを打ちつつ、
たいらげています?!



comida2.jpg

イラッチャ

私の大好物の一つです!

ジャガイモと引き裂いた牛肉を煮込んだもの。
肉のエキスのたっぷりしみ込んだ
トマト味のソースが美味しいのです。

香辛料があまり入らないのでさっぱり!
日本の方の口にもよくあう気がします。



comida4.jpg

スペシャルプラト。チレレジェーノスとレバーのトマト煮。

チレレジェーノスも私の大好物♪
チレ~唐辛子、レジェーノス~いっぱいに詰める

チレと言っても、こちらは辛くない唐辛子、ピーマン。
ピーマンの肉詰めの様なもの。

ごちそうになったオルギーのは甘かった!
お砂糖が入ってるそうです。

「甘いね」 といったら、
「いつも食べてるでしょ」 とのことでした。



comida5.jpg

魚のホイル焼き。

残念ながらあまり食べるところがありませんでした…。

作ったコンチャ先生も、焼き過ぎて身もとれない。
と言いながら食べていました・・・。

着き合わせのイエルバ(名前忘れました)
とユッカ芋は美味しかった♪

やはりお魚は日本が一番です。



comida_20160324223743ebe.jpg

地鶏のペピアン

これは、サンフェリペデヘススのコメドールで食べました。

ペピアンは、グアテマラの伝統料理。
香辛料をふんだんに使った、グアテマラ風カレー。


グアテマラのお祝い事には、
”必ず” といっていいほど登場します。

高級レストランから市場の定食屋さんにもある
定番メニュー。

かまどをつかい、大きな鍋で煮込まれたペピアン
味がしっかりしみていておいしかったです。

グアテマラの農園をを自由に動き回っていたであろう
地鶏は硬かったけれど…。


こちらでは全く?料理をせず。
友だちの手料理を頂く毎日です。

日本でも作れそうな料理がたくさん。

レシピ!
少しずつ時間を見てアップします。
(といつも言っている気が・・・・。)















寒いソロラで・・・。 - 2016.03.18 Fri

日本も寒かった。
でも暖房がありました。

こちらはちょっとは暖かい。
でも風通しもよい家。
もちろん暖房器具もなく。

朝夕はかなり冷えるので、
思いっきり重ね着をし、
毛布も巻いて活動します。



ie.jpg

それもそのはず、
トウモロコシ畑の中に家が建っているのですから・・・・。

キッチンからの眺め。

朝もやが立ち上り、
太陽の光を浴びてとてもきれいです。


茶色いのは収穫が終わり、そのままになっているトウモロコシ。
グアテマラの背の高いトウモロコシは、ポキ!と二つに折られているのです。

雨の季節、
折っておけばトウモロコシの実は下を向き、
雨水が入ったりしないそうです…。

と話は飛びましたが、
ひしひしと身にしみる?
ソロラ生活始まっています。








週刊朝日 『火の山のマリア』 - 2016.03.11 Fri

前回書かせてもらった映画 『火の山のマリア』
2月13日から、岩波ホールで公開されています。
これから全国回るようです。

それに合わせ、こんなうれしい取材をしていただきました♪


asahi.jpg


私自身びっくりです。
これもソロラのおかげ。

と、想いきっりソロラテコ(ソロラの人たち)に囲まれ、
ソロラで思う私でした。

ありがとうございました。

いろいろな方から、
この映画に関することを聞いてびっくりなことばかりです。

ソロラの女の子たちといつか一緒に見てみよう
と思っています。
またご報告します♪


日本の太平洋♪ - 2016.03.04 Fri

グアテマラの人には良く日本について教えて~
といわれるので、今日は日本らしい日本を紹介。

でも、面倒だからスペイン語訳はなし。
(意味あるかしら? 写真見て楽しんでもらおう。)


家族旅行で行った温泉旅行。
残念ながら温泉の写真は撮れませんでした。


到着した日は残念ながら曇っていたのですが、
翌日は快晴。


isozaki.jpg


記念に手のひらと朝日の写真を
とってみました♪

日の出の6時過ぎではなく
ちょっと昇ってきた8時頃が絶景!


眩しくて目が明けていられないほど。
こんな朝日を見たのは初めてでした。



朝食が終わってちょっと散策へ。


isozaki4.jpg


ホテルの近くにあった酒列磯崎神社(さかつらいそさきじんじゃまで
母の車イスを押し行ってみました。

斉衡三年(856)に創建された
⇒いつでしょう??
由緒ある神社だそうです。



isozaki6.jpg


馬も祀られていました。
なんだか愛嬌があり・・・。


そして今は「宝くじが当たるように」
という祈願の亀さんのほうが有名だそうです。
(当たった方が寄贈したウミガメの像がある)


isozaki7.jpg


ホテルのほうへ戻り磯崎海岸へ。
茨城県北ジオパークに指定されているのだそうです。

* ジオパーク 何億年もの時間をかけて地球に紡がれてきた歴史や文化を体感できる場所。
平磯海岸にはとても珍しい異常巻きアンモナイトの化石を見ることができるスポットもある

知りませんでした…。


isozaki2.jpg

海に見惚れる2歳児。
何を考えているのでしょう?

彼はこの後石を拾っては、
海に投げル・・・ことを繰り返してました。
100回以上やってたような。
キャッきゃきゃっきゃと満喫してました 


家からの距離を考えていったひたちなか市でしたが、
素敵な場所でした。

今度はアンモナイトを探しに行きたいものです!





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め18年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (41)
グアテマラを食べる (69)
グアテマラを旅する (67)
グアテマラを書く&語る(仕事) (14)
グアテマラを織る (7)
グアテマラの人々 (32)
グアテマラの植物 (23)
グアテマラの民芸品 (9)
フェアトレード・セミージャ (12)
青い空の会(子どもの就学支援) (13)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (20)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (12)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (42)
日本のこと (37)
日本で食べる (3)
日本の植物 (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

QRコード

QR

検索フォーム