topimage

2014-01

Norovirus・ノロウイスル!! - 2014.01.24 Fri

日本ではノロウイルスが猛威をふるい、
予防対策が、毎日テレビなどで放映されています。

210px-Norwalk.jpg

大切なことの一つが手洗い
石鹸をよくつけて、
指の間も、
手首もしっかりと!!

なるほどと感心し、
ちょっと実行してみました。


そして洗いながら思ったのです、
グアテマラではあまり洗わない
(私も…)

爪の間が汚い子がかなり多い。

トイレから出ても、
手も洗わず去っていく人も多い。

田舎で家にある石鹸は洗濯石鹸だけ。
でも、みんな大丈夫そう。


手洗い

楽しそうに洗っているように見えますが、
遊んでます…。

我が家に来ると、
必ず手を洗いたがる。

ママも
液体せっけんを見たことがないらしく、
どこで売ってるの?
と聞かれてしまいました。


でもおうちでは洗ってないんだろうな。
爪の中が汚れてます…。


グアテマラで
ウイスルとか、集団感染
なんて言葉をあまり聞かない。
まして、ノロウイルスなんて言葉は聞いたことがない。
私もつい最近知りました…。


グアテマラには
ノロウイスルは存在してないんだろう。

と思い調べてみたらびっくり!!

こんな記事を見つけました
↓↓
ノロウイルスは、旅行者下痢を引き起こすことが判明

米国の旅行者の間でメキシコとグアテマラに旅行者下痢症例の大半は、
大学の研究者による新しい調査によると、ノロウイルス・・・・



知りませんでした。

みんながアメーバ―といってる腹痛は
もしかするとこれだったのでしょうか?

でも、集団感染はほとんどおこってない気がするので、
グアテマラ人はウイスルに強い?

もちろんグアテマラ人化している私もです。

外から帰って、うがいはおろか手を洗わないことも…。
そのままパンやお菓子をかじってしまうこともあります。
(グアテマラで…)

お腹をこわすのは、
あきらかに、あれまずかったなぁというものを、
路上や市場で食べてしまった時だけ。


・・・こんなことは自慢になりませんが、
ウイスルに対する対抗性はやはり、
国によってちがうのだろうなぁ。

と思いつつ、
外出から戻った母や祖母に
うがい!
手洗い!
をすすめる私でした。
(日本で…)


参考:NEWS MEDICAL, Wikipedia

日本でも…織る - 2014.01.18 Sat

グアテマラの伝統文化である織物
紀元前後のマヤの時代から続くこの国の宝物  

そして、この織物
グアテマラの日常でもあるのです。

織物を使った民族衣装を
まとい暮らす人々。

織物1

(ウエウエテナンゴ サンファンアティタン)


一般的に、
女性の民族衣装ウイピル(貫頭着)に使われる織物は
バックストラップルーム/腰機/後帯機 で織られます。

詳しくはこちらからご覧ください♪


織物

(ソロラのシャカシャックのおばあちゃんの織物)



織物、私もグアテマラで教わっています
なかなか物にはなりませんが…。

そして、日本へ戻ると、
母やおばさんや友だちに、

今度はやって見せるね。

といっているものの、これもなかなか…。


そんなこんなで、母は日本で織物を習ったようで、
(今はやってません)
こんな織り機が日本の家にあります。


織物3

クローバー 咲き織り


すごい!!
もちろん仕組みは同じ。


手間取る経糸…織るための準備が
あっという間にできてしまう♪


織物4

裂き織り機・・・ですが、
毛糸も使えるので、糸が太い分すいすい織れる♪♪
仕組みは同じなのに!!

日本人てすごいなぁ~
と大感動 


グアテマラのみんなに見せてあげたい…
でも受け入れられないだろうなぁ。

なんてことを考えながら、


そして、頭の片隅に、
グアテマラから持ち帰った
織られずに丸められている3セットほどの織物を
よぎらせながら…織物。
(母がするのを手伝っています♪)


一通り楽しんだら、
持ち帰りしまってある織りを…。

ずっと苦手だったのに、
ソロラの女の子たちと活動するなかで、
物を作ることの喜びににはまってしまった
グアテマラ&日本生活です♪


参考: Wikipedia

グアテマラで思う - 2014.01.11 Sat

2014年を無事迎えることができました。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は2013年問題?!
でいろいろ騒がれていたグアテマラですが、
今年の年明けはスムーズ…。

新しい年を迎えると、
いつも考えないことを思います。


IMG_5566.jpg

ここ数年
グアテマラはどんどん変わっています。
もちろんすべての国が変わっているのだと、
思うのですが…。

そんな中で、
グアテマラ人の中には,
今まで持っていた大切なものを、
置き去りにしてしまっているような人が

増えている気がしてならないのです。


そんな中で、
グアテマラにいるのに
私も、いろいろなことに振り回され、
忙しく、あわただしく
過ごしている。


グアテマラには、
飢えで亡くなる子どもも、
銃の下でおびえて生きる子どももいない。

農村部にも少しずつ豊かさが広がり、
物を持つことを始めた人々。


私がこの国にいる理由が
時々見えなくなります。
グアテマラは変わってしまった…。


そんなこんなで、
2014年は
スタートラインに戻ろうと思います。


グアテマラに振り回されず、
個性豊かなグアテマラ&日本人に翻弄されることなく、
時代に押しつぶされることもなく、
頑固に生きていけたら。



1年に一度だけ考える
豊富でした。


今年もよろしくお願いいたします。

バーニョ(トイレの話) - 2014.01.01 Wed

この間ふと気が付きました。
グアテマラ人のトイレって長いなぁ~と。

全く時間を考えず、
気がすむまで入っている。

日本人は(日本にいると)
トイレまで早い気がするのは…気のせいでしょうか?


知り合いの女の子たち、
入ったら、
何してるの?
と思うほど出てこない。


グアテマラの人と出かけトイレ休憩に降りると、
どこに行ったんだ?
と思うほど戻ってこない。
(携帯に電話してしまうほどです…)


友だちの家に行ったとき、
着いた時トイレに入っていた息子。
いろいろ話しさよならする時も、まだトイレだった…。



IMG_5568.jpg


田舎だとトイレは家から離れた場所にあります。
ちなみに右手の家も、家の左手部分に小さなトイレが!!

(これらはいわゆるボットントイレ。
下水施設はないので、下に大きな穴がありそこにためます。
石を積み重ね、ほかの汚水とともに浄化できるようになったものもあるそうです)


力説するつもりはないのですが 


これは、
やはり "時間”に対する概念の違いでは?!
と思ったのです。


急ぐ必要などない、
自然現象は流れにまかせる。

当たり前のことなのですが…、
納得。そして笑っちゃいました♪


ちなみに昨年から国連により、
世界トイレの日が11月19日に制定されたそうです。

いろいろ見られます。
ユニセフのプロジェクトホーム―ページ


トイレを使う平均時間の国別統計あるかな?
と思って調べていたら、世界トイレの日があることを知りました。
(統計はやはり見つからず…)
ちなみに、人が一生のうち、トイレで過ごす時間は3年だそうです。


話がかなりずれましたが、
グアテマラ時間、
グアテマラ人気質は、
トイレの時間にまで影響してくるんだなぁ。

でもそれでいいんじゃないかな。
それが正しいんじゃないかな。

なんていうことを感じたのでした。

(となるとグアテマラ人に便秘はない?)


新年早々変な話ですみません。
今年もよろしくお願いいたします。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

solola

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め16年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (67)
グアテマラを食べる (63)
グアテマラを旅する (61)
グアテマラを書く&語る(仕事) (10)
グアテマラを織る (6)
グアテマラの人々 (28)
グアテマラの植物 (22)
グアテマラの民芸品 (6)
フェアトレード・セミージャ (8)
青い空の会(子どもの就学支援) (9)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (16)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (9)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (37)
日本のこと (37)
日本で食べる (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム