topimage

2013-09

曼珠沙華 - 2013.09.24 Tue

9月23日お彼岸です。
久々の日本…お墓参りにも行きました。

そしていつも写真でしか見られなかった、
この花もみられました♪


花

我が家の雑草の中に咲く
白花ヒガンバナ。


亡くなった祖父は、
シャボテン屋をしていたので、
家にはいろいろな植物があり(ました…)

手入れしきれず、年々減ってはいるのですが、
まだまだ貴重な植物たちがあります。



花


子どものころ見ていたのは、
一般的な赤いヒガンバナだったのですが、
いつの間にか白花ヒガンバナだけがあちらこちらに咲いています。


赤花だと、
なんだか怪しげで、ちょっと怖いのですが、
白花だとそんなことなく…、
素直に美しいと思えます。


花


この白いヒガンバナは、
どうやら、赤いヒガンバナと、ショウキランとの掛け合わせのようです。

*詳しくは彼岸花の城下農園さんのホームページをご覧ください。
詳しく書かれています。


お彼岸頃咲くからヒガンバナ
うまくいったものだなぁと思います。

ヒガンバナの別名は、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
こちらの名前のほうが、なんとなく好きなのですが、

これは、サンスクリット語で「天界に咲く花」「天上の花」という意味だそうで、
いいことが起こるときは、天から赤い花が降ってくるという、
仏教の経典からきているそうです。

そうすると、この赤さも怖くはなくなります…。


まっすぐさぐから…マンジュシャゲと書かれていたものもありますが、
どんなものなのでしょうか??


花ひとつにもさまざまな意味があり、
その花を見ることで、いろいろなことが思い出される。

数十年後も、
幸せな気持ちで、白い曼珠沙華を見ていたいなと、
願ったお彼岸でした。



今ここで思うこと - 2013.09.14 Sat

日本にいて強く思うことがあります。

思いやりは、
想像力なんだ…と。



P1150630.jpg


子どもより、
年配の人が多くなっていく、
日本で、必要なことは?


あわてずゆっくりと、
笑顔であたたかく、
想像する。


何をしたいのだろう?
これから何をするのだろう?
こうしてもらうにはどうしたらいいのだろう?


相手をよ~く見ていないといけない。
自分に余裕がないとできない。


大丈夫だよ。
と言われてもやってしまう。
手を出してしまう。


そんなおせっかいも必要な気がする。


日本人の中にある美徳。
美しいと思う。

けれど、おせっかいな人がたくさんいる
グアテマラで暮らしていると、

それもいいものだと…
思ってしまうのです。


本当に手を差し伸べてほしい人は、
それを言わない。
言えない。

グアテマラでそう感じたけれど、
今、日本でも強く思う…。


それを見て見ぬふりをしない。
それが大切な気がする…のです。

グアテアラのカラフル小物たち♪ - 2013.09.10 Tue

日本の滞在中、
いろいろな場所でイベントをさせて頂きました。
(まだ日本にいるのですが…)


民芸品などが在庫不足となり、
Yさん、Aさんにご協力いただき買い出し。
ありがとうございました♪

届いたグアテマラ小物たち 
少しご紹介します。


ヒロコーヒー

手編みのカラフル小物入れ♪

まんまる&しかく
一つ一つが手編みなので、
作り主の個性が出ていて、
二つと同じものがないのです♪



ヒロコーヒー2

トドスサントスのポーチ♪

グアテマラの文様の中でも、
人気があるトドスサントスクチュマタンの、
民族衣装を使った小物。

これもまた鮮やかで、
刺繍と見まごうような織り。
どの柄がいいか…迷ってしまいます。



ヒロコーヒー1

グアテマラ人形のマグネット♪

道行くグアテマラの人そのまま!!
本当にこんな人たちが住んでいます。

手作りなので、
これもまた、表情、洋服、持っているもの、
全部ちがうのです…。

どの子がいいか迷ってしまう…。


自分で選んでいても、
可愛くてかわいくて…。
もう手元のストックがいっぱい。、



今回の一番のお気に入りは…。

ヒロコーヒー3

手元に置きたい…
と思いながらお嫁に??出します。


まだまだある、グアテアラのカラフル小物たち。
フェアトレードショップセミージャからも
見ていただけます。
お時間があったらのぞい見てください♪


マヤの遺跡も、
コロニアル都市文化も、
草花も、自然も、
もちろんグアテマラの大切な大切な宝物ですが、

グアテアラカラーの織物を使った民芸品
これがまた大きな大きな魅力なのです 


民芸品だけ見て回りたい!!
そんな旅も引き受けます。
(大好きです)

旅の形はいろいろ、
どうぞご相談ください♪



この実はなんでしょう? - 2013.09.07 Sat

グアテマラを旅していると、
いろいろな植物にも出会うことができます♪

その季節、
訪ねる場所によって、
それぞれことなり…魅力がいっぱい


植物好きの方には簡単かもしれませんが?!
またまたグアテマラクイズです。

これは何の実でしょう…か?


 カカオ


正解は、
神様の食べ物という学名をもつ植物。
みんなが大好きなチョコレートの原料。

カカオです 


え、アフリカじゃないのと思われるかもしれませんが、
実は、このあたり原産で、
マヤの時代はお金にも使われた貴重な植物。

また、当時は(1500年以上前)王様の精力剤としても飲まれており、
飲むための専用の容器も作られ、博物館にも残っています。

スペインが侵略後、各地を回った宣教師たちにも、
ふるまわれたそうで、スペインの文献にも登場しており、
…それが現在のチョコレートになるのですが、

そのお話しはこちらに詳しくのっています。


51BYJV9PV0L__SL500_AA300_.jpg

八杉 佳穂 氏著 チョコレートの文化誌


アフリカ、南米のような、
大きなプランテーションはないのですが、
グアテマラでも栽培され、
良質なカカオがとれるのです。


観光でよくいく、キリグア遺跡、コパン遺跡(ホンジュラス)、
ホヤデセレン(エルサルバドル)などでも、
見ることができますので是非。
どこにあるかわからなかったら、
公園の人に聞いてみてください。


カカオの木に出会うと、
嬉しくて見とれてしまうのは、
小さな花や、実が、
木に直接ついている姿が、
一生懸命…のように見えてしまうからでしょうか?




*植物メモ*

学名:テオブロマ・カカオ
Stercurliaceae Theobroma Cacao (Linnaeus)
あおぎり科 テオブロマ属 カカオ
常緑高木
原産地:中米から南米北部

果実は25㎝ほどの紡錘形。中に20~50粒の種がある。これをカカオ豆と呼ぶ。
日本のカカオ豆の輸入は、ガーナからがもっとも多く、次にエクアドル、ベネズエラ、ブラジル(農林水産省)


参考文献:日本チョコレートココア協会 wikipedia,



サンクさんでの1日限定フェアトレードショップ開催のご報告 - 2013.09.03 Tue

先日ブログでも書かせていただいた
東京の中にのある生活デザイン設計室サンクさんで、
一日限定フェアトレードショップ&グアテマラのお話会
を開催させていただきました。

サンクMブログ用

設計会社のデザイナーのみなさんが
素敵な展示をしてくださいました。

いつもの私たちとはちがった雰囲気 

またお話会には、
いろいろな方に来ていただき、
グアテマラのことをお話しする機会を
えることができました。


サンクさんのホームページでもご報告いただきました。
セミージャのブログ青い空の会のブログ
にも書いていますので、
お時間のある時にでものぞいてみてください♪


このところ、
いろいろな方に声をかけていただき、
私たちだけではできないことができています。


たくさんの方と出逢えるということ、
青い空の会のこと、
グアグアプロジェクトのこと、
そしてグアテマラのことを知ってもらうために、
アクションすることの、
大切さ。

今まではなかったことですが、
とても素敵なことだと感じています。


頂くご縁をしっかりと受けとめ、
一歩一歩&ポコアポコ(スペイン語で少しずつ)
進んでいきます。


最後になりましたが、
ご来場くださった皆さま、
サンクの皆さま、
ありがとうございました。
心より感謝いたします。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め18年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (41)
グアテマラを食べる (70)
グアテマラを旅する (67)
グアテマラを書く&語る(仕事) (14)
グアテマラを織る (7)
グアテマラの人々 (32)
グアテマラの植物 (23)
グアテマラの民芸品 (9)
フェアトレード・セミージャ (12)
青い空の会(子どもの就学支援) (13)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (20)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (12)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (42)
日本のこと (37)
日本で食べる (3)
日本の植物 (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

QRコード

QR

検索フォーム