topimage

2013-03

人というもの - 2013.03.28 Thu

この間、クンブレ小学校へ行ったとき、
ある子どもの死を知った。

P1040539.jpg

青い空の会で就学支援をしていたのだけれど、
勉強する年齢ではないからと、
学校をやめ畑仕事の毎日を選んだ。

彼の考えなのか、
両親の意見なのかはわからない。


学校にいた時でも、
クラスが終わるとすぐに、
学校のないときはいつも、
クワを持って父親と一緒に働いていた。


青い空の会でプレゼントした合羽を着て、
雨の日も働いていたという。


ウイルス性の病気になって、数週間で逝ってしまったと、
お母さんが泣きながら話してくれた。


15歳にもなっていないのに、
小学校さえ卒業することもなく、
炎天下の日も、
吹きっさらしの風の日も、
来る日も来る日も畑を耕して、
彼の人生は一体何だったんだろう。

苦労するためだけに生まれてきたように思える。
嬉しいこと楽しいこと、
これからたくさんあるだろうに、
逝ってしまった。

お金があれば治る病だったかもしれない…。


いくら考えてもわからない。
どうどう巡りするだけだ。


権利や義務を訴えるつもりも、
社会の無常を嘆くつもりもない。


もっとも悲しく、
誰よりも生きたかったのは彼自身だろうから…。



一つ思うことは、
今あることに感謝しなくてはいけないということ。
自分のまわりにいる人を大切にしなくてないけないということだけだ。

不平や不満を口にするより先に、
感じなくてはいけないことがある。


そのほかの言葉は見つからない。


エルサルバドル・サンタアナにて - 2013.03.24 Sun

近頃のツアーは、中米横断が多いため、
隣国エルサルバドルへの旅も増えています。

少しずつ、
エルサルバドルのステキなところもご紹介していきます


何はともあれ最初は美味しいもの。
いろいろな場所でお食事するのですが
今日はサンタアナのレストランをご紹介♪


P1080467.jpg

レストラン・エルパティオ(EL patio)

荘園風の建物で、クーラーはないですが、
自然の風が入り心地い空間です。


P1080468.jpg


メニューは、
魚、肉料理など。

昼時は、マリンバ演奏もあり、
エルサルバドルの田園風景を思いおこさせてくれる
雰囲気が漂います。


P1080469.jpg

あれ?
入口に酔っ払いが?!

と思いきや、セラミック製のおじさん。
こんな人いるなぁ~と見入ってしまいました。
とってもいい味♪


店内もウエイトレスさんたちも、
のんびりしていて、ゆっくりできます。


*インフォメーション*RESTAURANTE EL PATIO
住所:21 Cl Pte Ent Av Independencia Y 2 Av Sur No 3, Santa Ana, Santa Ana, El Salvador
電話:503-24404221


以前書いたエルサルバドルの記事はこちらから見てください♪

その後にエルサルバドルを知る旅に出かけたのに…、
確認したらなにもアップしてませんでした 
いろいろなエルサルバドル、また書きます♪ 




スンデ―♪ - 2013.03.21 Thu

グアテマラも暑くなってきました♪
寒くても暑くても、
グアテマラの人が大好きな
エラード(アイス) 

私ももちろん大好きです♪
3度の食事より、
ケーキより好きかも…しれません。


IMG_2816.jpg

人気のアイスやさんのひとつSARITA(サリータ)

1948年からアイスを作り始めたそうで、
65年の歴史を持つ老舗のアイスやさん。
大きな町には必ずあります♪

最初にスンデ―と聞いたとき、
いったいなんだろう??
と思いましたが、
サンデーのこと。


IMG_2818.jpg

ガイドのお仕事が無事終わり、
ベリーズ国境からペテン県のフローレスへ戻ってきたので、
1人でサンデー・アイスで乾杯 

バニラアイスの上に、
たっぷりホイップクリームとキャラメルソースがかかっています。

嬉しいことに、
首都圏で食べるより盛りがいいみたい♪


びっくりするぐらい甘いのですが、
この甘さも疲れをとるいい甘さなのです。


サンデーはQ11(約140円)
コーンアイスはQ6~



一つの旅の重さ - 2013.03.12 Tue

今回青い空の会のメンバーの方が、
支援する子どもを訪ねるために、
グアテマラに来てくださいました。

生れて始めての、
一生で一度の海外旅行。

それが、ソロラの子どもたちに会うための旅でした…。


太平洋を越える飛行機はどんなに長かったろうか、
アメリカでの入国検査や、
長い待ち時間。


初めてで不安だらけで、
目や足が痛くて、
心臓の薬を飲まれいて、
でも来てくださった。


P1080189.jpg


見るものなんでも興味を持ってくださって、
「疲れてしまうので休んでください」
と言っても、頑張ってしまっていて、

まるで日本の母親を見ているようで、
そばにいる私が心配になってしまうほどでした。


皆さんにとっても、
子どもたちのとっても、

一生で一度、
最初で最後の
数時間の出逢い。

私はきちんとセッティングができただろうか?
100%、いえ200%皆さんの思いを子どもたちに伝えられただろうか?


P1080171.jpg



旅は旅。
ツアーはツアー。
ガイドはガイド。
でも今回ほど重さを感じた旅はありませんでした。


皆さん先ほど帰路につかれました。
たくさんの思い出をグアテマラの人たちに残されたみなさん。

旅の日々を思い出しながら、
とても大切なも何かを感じています。


青い空の会のブログ
アンディーナトラベルさんのブログ、
からもご覧ください


ソロラの子どもたち・・・・ - 2013.03.08 Fri

ガイドの仕事が続いて
ソロラに戻れないと
なんだかグアテマラにいない気分なのです。

仕事仲間に、
何でソロラに住んでるの?
仕事するのに不便でしょう?
と言われてもソロラがいい。


P1070681.jpg

こんな風景に会えるから…。
子どもたちと過ごせるから。

どこにだって子どもはいるし、
もちろんみんな可愛い♪

でもやっぱりソロラがいい。

どんどん都市化が進む町。
おいていかれないように、前のめりに暮らす人々。
そんなこと知らないように、今まで通りの生活を続ける人々。

忘れちゃいけない大切なものが、
ここにはある気がするのです。


ソロラ県コンセプシオン市クンブレ小学校にて。

(ソロラの子どもたちの支援の会
青い空の会はこちらからどうぞ)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め18年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (42)
グアテマラを食べる (71)
グアテマラを旅する (69)
グアテマラを書く&語る(仕事) (14)
グアテマラを織る (7)
グアテマラの人々 (32)
グアテマラの植物 (23)
グアテマラの民芸品 (9)
フェアトレード・セミージャ (12)
青い空の会(子どもの就学支援) (13)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (20)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (12)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (42)
日本のこと (38)
日本で食べる (3)
日本の植物 (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

QRコード

QR

検索フォーム