topimage

2017-03

ネバフのメルカド(市場) - 2016.11.11 Fri

前回に続き旅シリーズです。

グアテマラでどこかに行くと必ず行きたくなる
教会とメルカド(市場)。

仕事をしている旦那さんを置いて、
奥さんとメルカドへ。


DSC_3487.jpg


私は時々来る場所なのですが、
いつもガイドの仕事中。

お客様と一緒の散策。
なのですが、今日は好きなことが出来る♪


DSC_3486.jpg


写真を撮りながら、
あっちこっちで引っかかりながら
市場をうろうろ。


DSC_3499.jpg


友だちがここのウイピル・ブラウスが欲しい
とのことでのぞき見。

いろいろ見て
試着して
迷いつつ買っていました。


私は、そこにぶら下っていたバックに一目ぼれ♪

合皮だけど、ネバフの織物を
こんな風に使ってるなんて
可愛い♪

となりにあったメルカドバックも・・・。
ソロラで売ってるのとはどこかが違う気がして。

結局友だちも買ってました。
彼女が買うということは、
やっぱりどこかが違う?

まだまだ散策したかったのに、
旦那さんからの携帯が鳴り続け、
残念ながらメルカドを後にしました。


教会でも素敵な出会いがあったのですが、
それはインスタグラムを見て下さい。
写真アップしてあります♪





グアテマラシティーを歩く♪ - 2015.09.11 Fri

グアテマラに旅行に来ていただいて、
パッケージツアーに入っていることもある
グアテマラシティーツアー。
通常はこんなものでしょうか?


IMG_3146.jpg

空港近くにある、国立考古学民族博物館や、
近代美術博物館。

周りには子どもの博物館、民芸品市場もあり
1日楽しめるエリです。
(博物館見学だけで終わりますが・・・・)



G.jpg

旧市街にある国家宮殿やカテドラル。

現在も大統領は、この国家宮殿で執務をしています。
そこまで入ることはできませんが、
見学ツアーがあり、ガイドと共に入場できます。
(入場料必要)

後ろには、大統領官邸もあります。



G7.jpg

中央公園とカテドラル(大聖堂)。

典型的なコロニアル都市のため、
中心に公園、とり囲むように教会、大統領府、
商店などが配置されています。

ここはグアテマララの中心ともいえる場所。
いつもたくさんの人がいます。
物売りもいますが、ただ休憩している人も。
(警察も常時パトロールしています)



G5.jpg

旧市街にある国家警察本部。

こちらも旧市街。
国家宮殿を建造したホルヘウビコ大統領領時代
(1940年代)の建物。
内戦時代の弾丸の跡などもリアルに残っています。



G42.jpg


車窓から見ることが多い郵便局。
こちらも、ホルヘウビコ大統領が、
アンティグアの時計台を好み作ったといわれています。

1773年にアンティグアから首都が移された当初、
中心地であった旧市街は当時の面影を残す建造物も多く、
隣接してある中央郵便局も同様。

私も、日本からの荷物を時々取りに行きます。



G6.jpg


旧市街は、
政治、文化だけではく商業の中心でもあります。

そのため、ひしめき合うようにビルが立ち並び、
会社、事務所、学校、銀行、レストラン、ホテル、小売店などが
あふれるように連なっているのです。

街頭でのパフォーマンス。
土日に多くあります。


ウインドーショッピングしたり、
アイスを食べたりしながら、
このあたりをゆっくり歩いて回れたら楽しいのですが、
まずありません!

人が集まる=スリやひったくりが多い
ため、バスからの車窓観光になっています。
(この写真も私が友だちといった時に撮ったものです)



G3.jpg


私が、ソロラの就学支援の子どもたち用に
買い出しに行くエリア。

こちらも旧市街です。
エリアごとに問屋街があり、国内で一番品数が多く安い!
そのため、私もずだ袋を担いで買い物しています。



G8.jpg


こんなお店も多い。

商品を自分で手にとるのではなく、
檻の中の?店の中の?店員さんに頼んで買うのです。
もちろん盗難対策。



多くの教会もあり、
学校もある。

お年寄りや子どもたちも歩いている。

レトロなカフェやホテル。
ファーストウードや伝統料理のレストラン。
ダントツに安いお店。


いろいろあって楽しい♪

と書いておきながら、
やはり観光客の方の散策はお勧めしません。

私のソロラの友人たちも、
グアテマラシティーへ行くときには、
貴重品は身につけずに行きます。

私も夜は絶対歩きませんし、
人通りの少ない場所には行きません。
(夜、日曜日は雰囲気が全くちがいます!)

大きな買い物をするときには、
必ずグアテマラの人と一緒に行きます。

きょろきょろしながら写真を撮ったり
迷って立ち止まることもしません。


しっかりと注意しつつ、
散策をしています♪



ご希望がある場合はお知らせください。
レアなグアテマラシティー(旧市街)散策プランご案内します。
   



AKIKOファミリーのグアテアラ旅行♪ - 2015.08.21 Fri

今から16年前に一緒にグアテマラに来たAKIKOさんと再会
子どもれで「グアテマラ旅行」。


akiko.jpg

アンティグアにて。

いつも一緒の仲良しの母子。
グアテマラに慣れるまでアンティグアでと。
観光地のアンティグアで3日ほど過ごしました。



2.jpg

アンティグアから、コマラパへ向かう途中に休憩したテクパンにて。
(あれ違う。コマラパからソロラへ向かう途中でした)


始めての乗馬。

なぜか知らぬ間にのっていた息子のSくん。

小さなポニーを怖がってたのにと、
昭子ママもびっくり。

2回目は妹のYちゃんも一緒に乗って、
小さな散策♪

(後ろのほうにいるのが昭子ママ。
スリーショットです)



IMG_1810.jpg

公園で遊びたい~というYちゃん。

グアテマラにはないのよ。
という昭子ママに泣きそうになっていたけれど、

ところどころにあった、
公園もどきで遊びました…。

Yちゃん、あまりにも高く漕ぐので
グアテマラのぶらんこ外れないか?!
とびくびくしてました。



akiko7.jpg

アティトラン湖畔へ買い物へ行ったとき
物色中のママを待ちつつ遊ぶ子どもたち。


民族衣装の子どもと一緒に遊ぶのも、
やっぱりいいな~ 
グアテマラらしいな~と
微笑ましく見ていました。


ソロラの学校に行ったり、
作業所にきた女の子たちと一緒に過ごしたり、
友だちのところへ遊びに行ったり、
私の家の子どもたちと遊んだり、
あっという間のソロラ滞在。


IMG_1791.jpg

ソロラのお家の人に
お好み焼きを作ってくたAKIKOさん。

5家族、総勢23人なので
一家族一枚ずつ。

みんな美味しかった~と
大好評でした。
どうもありがとう。


P1060472.jpg

最後の日
ソロラのおばあちゃんと。


毎日遅くまで遊びまわっていた
ソロラの子どもたちの写真を撮っていませんでした。
(残念)


今はコマラパで、
グアテマラ生活を満喫中のはず。

ソロラの家の子どもたちも
「Sはいつ来るの?」
「Yはまた来る?」

毎日質問されます。


もっとしたいことがあったのに、
あっという間に過ぎてしまったソロラ時間。

ソロラの子どもたちにとっても、
大切な時間になりました。

いつかまた会える日を願って。
アスタプロント 




















飛鳥・・・寄港 - 2015.07.24 Fri

先日有名な豪華客船
飛鳥Ⅱが始めてグアテマラへ寄港されました。

(この旅の詳細はASUKA/HPに記載されています。)


asuka.jpg

朝7時。

グアテマラのケッツァル港に到着されたばかりの飛鳥Ⅱ。
皆さんと落ち合うために港へ行くと、
大きくて美しい姿がありました。


asuka2.jpg


El Puerto Marina Pez Vela

クルーズ船は通常ここにつきます。

グアテマラの国の楽器マリンバでお出迎え♪


それぞれのツアーに行かれたり、
港で催されるイベントを楽しまれたり、
お買い物をされたり
過ごされるようです。


今回、私はティカル遺跡ツアーにご一緒させていただきました。



asuka4.jpg


夕方、ティカルから無事戻り、
皆さま船に・・・・。


お見送りするため、
出航までの2時間を港で待ちました。


少しずつ明かりが灯っていく船を見ながら、
今日のことを思い出しながら、
海風にあたりつつ…。


次はアメリカのサンディエゴへ。
素敵な旅が続くことでしょう。



世界を回る旅の一つとしてグアテマラを取り入れていただき、
短い間でしたがその時間をご一緒出来たことに
感謝です。


いつも何をしているか分からないようなブログですが、
今日は本職のグアテマラ政府公認ガイドでした…。



グアテマラのひつじたち - 2015.01.09 Fri

今年はひつじ年
せっかくなので、グアテマラで撮ったひつじさんたちを探してみました。

ちなみに、ひつじはスペイン人の到着後
グアテマラに持ちこまれた動物です。
このあたりで、最初の家畜は七面鳥…ではと言われています。


ひつじ

ウエウエテナンゴ県のパンアメリカンハイウェイから、
少し入った場所。

家族で放牧していました。
車を降りておかあさんたちとお話し・・・。

以前写真を撮られたことがあって、
そしたらグアテマラの新聞に載ってたとか。

きっとグアテマラの新聞社関係の人だったのですね。

私が、こんな風にひつじ持って載ってたのよ!
そんなのいやだからね!
とげとげの草を食べるひつじを見ながら
お母さんが憤慨していました。

その後、家まで帰るお母さんたちも車に乗り込んで、
その際、自分の手を車のドアに挟んでいたそうだったなぁ~。
(とひつじさんと全く関係ないことを覚えている私です)





__.jpg

サンマルコス県。サンセバスティアンの動物市。

なかなか行かない場所ですが、
魅力的 

そこで最初は異邦人なのですが、
しつこく居続けると、いつの間にか柵の一部になるのです。
(と思っているのは自分だけでしょうか?)





ひつじ3


サンマルコス県。ベガデボルカン。

可愛いひつじ飼いさんだったな~。

また行きたい!
グアテアラの首都からは8時間ぐらいかかってしまうけれど、
外人は全くいないけれど、

プロジェクトが入っているようで、
外人に対する嫌悪感がなく、
僻地でも奥地でも、歩いていて安心なのです。




今回ひつじの写真を見つけていて思いました。

これからは心して写真を撮っていこう!


いろいろと行かせていただくのに、
旅する場所で、何げなく撮りすぎていて
的のあった写真が少ない!

心のフィルムには結構残っているのですが、
実際の写真にあるだろうと思って探すと、
ない!!!


グアテマラを紹介していこう思っているのだらから、
心だけじゃなくて、
カメラも的に当て撮っていかなくては。
ここにきて17年目に気が付いた私でした…。












NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

solola

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め16年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (67)
グアテマラを食べる (63)
グアテマラを旅する (61)
グアテマラを書く&語る(仕事) (10)
グアテマラを織る (6)
グアテマラの人々 (28)
グアテマラの植物 (22)
グアテマラの民芸品 (6)
フェアトレード・セミージャ (8)
青い空の会(子どもの就学支援) (9)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (16)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (9)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (37)
日本のこと (37)
日本で食べる (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム