topimage

2018-07

マヤの森を旅する - 2018.06.01 Fri

ちょっと前のことになってしまうのですが、
今年の2月。

マヤナッツの代表大田美保さんが
マヤナッツツアーをされた際、
ガイドとしてご一緒させていただきました。



DSC_3193.jpg 


美保さんのマヤナッツの原点ともいえる森。
ラモン(マヤナッツ)の木を囲んで、
みなさんでお祈り。

森に差し込む太陽の光と、
青い光。



DSC_3168.jpg 

ティカル遺跡の
ムンドペロディード・失われた世界にて。

写真を撮ってみたら
どの写真にも振りそそぐ光。

ティカルへ行かれるときには、ぜひ・・・。


DSC_3186.jpg 

このお地蔵様のような顔の実が
ラモンの実。

マヤ文明とマヤの人々と共にあった
マヤの植物。

みんなをあたたかく受け入れてくれているような
柔らかな微笑みに思えます。

今はトウモロコシが主食のグアテマラ。
マヤの時代これを粉にし食用にしていました。

ソロラの人に聞いても知りません。
けれど大切なマヤのグアテマラの植物なのです!

ラモンの物語は、
ぜひ大田さんのお話しを読んでみてください。

都内を中心に色々な場所でお話し会もされているので、
興味のある方はぜひ。
FBでもみられるようです♪)

素敵なお話し&美保さんのとりこになってしまうでしょう♪


DSC_3316.jpg 


2月20日。
マヤの新年にはマヤのセレモニーに参加。

美保さんの古くからの知り合いの方が
仕切られたセレモニーを一緒に
祝わせていただきました。

去りゆく年(紫のろうそくの祭壇)から
新しい年(右の白い花の祭壇)へ火が引き継がれていきました。


火がメッセージをくれるそうです。

今年は戦いに関することがある。

そして”タネ”。
人々が守ってきたタネを大切にすること。
それを守り活かしていくこと。

知ってる方もいると思いますが、
今年日本では4月に種子法が廃止されました。


グアテマラで暮らしていると、
作ること、育てることに密接になり、
それが持つエネルギーと、
大切さを感じます。


お一人お一人のナワルも見てくださって
みなさんそれぞれ納得。


美保さんのおおらかさと情熱。
そして、参加された皆さんの意識の高さと、
そして遊ぶことも上手。


素敵なツアーにご一緒させていただきました。
ありがとうございました。








スニルに行ってきました! - 2017.10.06 Fri

今回は行けました。
行こう行きたいと思うのですが、
時間が押されるとついソロラ中心生活に!


DSC_1158_20170905223420d8b.jpg


スニルのカロリーナから電話があり、
その時「行くね」と約束をしたので行けました!


ずっと電話を持っていなかったカロリーナですが、
旦那さんが定職に。

ちょっと余裕ができたのか、電話が買えたようです。
思い出しかけてきてくれたんですね。
(ありがとう♪)


スニルのカロリーナとのお付き合いは、
ゆかりさんが取り持ってくださっている関係なのです。
(以前のスニル訪問はこちらを♪)

20年近く前(正確でなくてすみません)
グアテマラに旅されたゆかりさんが、小さなカロリーナと、
スニルの市場で知り合って、
それからずっと続いている素敵な関係。


スニル5 

二人がお祖母ちゃんになっても続くのだろうなぁ~。
一生懸命ゆかりさんのことを話すカロリーナを見ながら
思いました 

ふっとゆかりさんの顔がうかび。
一緒にここにいてくれるような気持ちになりました。


そして・・・。


スニル


カロリーナが出してくれた昼食。
魚介類のスープ。

美味しかった。
心にしみました。

こんなふうに出してくれる料理は、
胸を打ちます。

けして豊かではない(ごめんなさい)彼女たちが、
無理をして作ってくれた料理。

作りなれていないのでしょう、
台所を行ったり来たりしている二人(カロリーナと旦那さん)の
やり取りも愛おしくて。



お腹にも
心にもしみました。
素敵な時間を味わえたことに感謝です。


ゆかりさん。
お土産&手紙預かりました。

日本に持って帰ります♪





ウエウエテナンゴの旅 - 2017.09.29 Fri

今回も
青い空の会の支援のことでウエウエウテナンゴに。

ソロラから約9時間の旅をしてきました。






前回訪ねたのは、乾期だったのですが、
今回は雨期。

そのせいでしょうか、緑が濃かった。
そしてカニクラにあたっていたので青空がきれいだった。

2000~3000Ⅿと標高が高いので、
空の青さも格別!





翌日学校へ向かう朝の早い時間には、
こんな風景にたくさん出逢いました!


ヤギ飼いのファミリーが
草場を求めて移動中。

その間通る車はもちろん停車。
(ほとんど車は通ってないのですが・・・)


ゆっくりと歩ヤギたちの前後を
守るようにして移動するファミリー。


餌場に落ち着くと、
ヤギたちが草をはむそばに座って。

寝転ぶお父さんがいたり。
見守るお母さんがいたり。
何やら楽しそうに話す女の子たちがいたり。

おそらくここには、
ソロラやもちろんグアテマラ市にあるmonoはない。

テレビ、インターネット、Wi-Fi、シネ(映画)、
ポヨカンペロ、マクドナルド、ジェラード・・・。


けれどそれが彼らにとって何の意味があるのだろう。
今隣にいるおねえちゃんと友だちと
話すのがこんなに楽しいのに!

そんな風に思わせてくれる姿でした。


nuka.jpg


ソロラの大家さんのファミリーにご挨拶。
お父さんとお母さんとお姉さん。

頼まれたお砂糖20袋
届けてきました!


ウエウエテナンゴで何をしてきたかは、
青い空の会のブログをご覧ください♪



私が住んでいるソロラのモンテメルセデスも、
日本で暮らされている方からすると、
えっという場所だと思いますが、

そんな私もいろいろと考えさせられるここ。

今回も大事なことに触れることのできた
ウエウエ・ヌカ訪問でした。

遠いからなかなか行けません。
次回は来年初めの予定です。

行きたい方はいらっしゃったらぜひご一緒に♪
何かが変わる・・・と思います。























ガイドの免許無事更新できました! - 2017.04.10 Mon

3年ごとに更新しなくてはいけない
ガイド免許。

6月で切れるため、
日本に戻る前に手続してたのですが、
いろいろあって受取れず。

今回無事手にすることができました 


DSC_000111.jpg


グアテマラ観光局認定ガイド。
スペイン語&日本語

早いもので免許を持って13年目。
次回更新時は15年!

ベテランの域に入りそうな気はするものの
いつもグアテマラ人ガイドに押され?
新米気分・・・。

日本の家族の事情で
ガイドの仕事があまりできていないこの頃ですが、

初心を忘れず、
私の愛するグアテマラを紹介していけたらと思っています。







ネバフのメルカド(市場) - 2016.11.11 Fri

前回に続き旅シリーズです。

グアテマラでどこかに行くと必ず行きたくなる
教会とメルカド(市場)。

仕事をしている旦那さんを置いて、
奥さんとメルカドへ。


DSC_3487.jpg


私は時々来る場所なのですが、
いつもガイドの仕事中。

お客様と一緒の散策。
なのですが、今日は好きなことが出来る♪


DSC_3486.jpg


写真を撮りながら、
あっちこっちで引っかかりながら
市場をうろうろ。


DSC_3499.jpg


友だちがここのウイピル・ブラウスが欲しい
とのことでのぞき見。

いろいろ見て
試着して
迷いつつ買っていました。


私は、そこにぶら下っていたバックに一目ぼれ♪

合皮だけど、ネバフの織物を
こんな風に使ってるなんて
可愛い♪

となりにあったメルカドバックも・・・。
ソロラで売ってるのとはどこかが違う気がして。

結局友だちも買ってました。
彼女が買うということは、
やっぱりどこかが違う?

まだまだ散策したかったのに、
旦那さんからの携帯が鳴り続け、
残念ながらメルカドを後にしました。


教会でも素敵な出会いがあったのですが、
それはインスタグラムを見て下さい。
写真アップしてあります♪





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め18年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (47)
グアテマラを食べる (76)
グアテマラを旅する (70)
グアテマラを書く&語る(仕事) (14)
グアテマラを織る (7)
グアテマラの人々 (32)
グアテマラの植物 (23)
グアテマラの民芸品 (10)
フェアトレード・セミージャ (12)
青い空の会(子どもの就学支援) (13)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (20)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (12)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (46)
日本のこと (44)
日本で食べる (4)
日本の植物 (3)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

QRコード

QR

検索フォーム