topimage

2017-03

エリカの家で朝食♪ - 2017.03.11 Sat

グアテマラでの一番のごちそうは?

ホカホカのトルティーヤと
あったかいフリホーレスでしょうか。


tortilla_201703112314505d6.jpg

かまどで焼きたてのトルティーヤ。
ほこほこした味わいです!


もちろんいろいろとおいしいものはあるのですが、
日本で、ホカホカの白米と、
あったかいお味噌汁に幸せを感じる感覚!

レストランでも、コメドールでも、
ファーストフードでも同じようなデサユーノ(朝食)が
あるけれど、やっぱり一番は家庭のママの味♪


ceomida.jpg

グアテマラについた週末。
頑張って早起きして、家で食べずエリカの家へ。
いただいた朝食。

チーズの入ったとろけるスクランブルエッグ
トマトを香ばしく焼いて作ってくれるチリモル(トマトソース)
自家製のフリホーレス(豆を煮たもの)
そしてクレーマー(サワークリーム)

ラジオから聞こえてくる宗教音楽
ニワトリの鳴く声
バスのクラクション。

「味はどう?」
「もっと食べなさい!」

いろいろなものと共に楽しむグアテマラの味。
美味しく頂きました。

ごちそうさまでした♪





グアテマラのお弁当❓! - 2016.09.23 Fri

日本でお弁当
といったら”おむすび”が定番。
(なのでしょうか?
ちょっと日本を離れがちなのでよくわからないのですが)


写真の料理は”グアテマラ版お弁当”
(田舎&畑仕事バージョン)



tortilla.jpg


アナが持って来てくれた
Patín de pollo y tortillaです。


今まで普通のPatín (小魚のトマトソース煮)
Patín de res(筋牛肉のトマトソース煮)は
食べたことがあったのですが、Pollo(鶏肉)ははじめて。

ソロラの田舎の女の子にもこの料理のこと
あることは確かなのですが、


なんだか、ソロラオリジナルな香りがするのは、
トマトソースにたまごがまぶしてあるところ・・・でしょうか?



アナの家でごちそうになるより
かなり小さいトルティーヤだったので
聞くと、

「ご飯を外へ持っていくときには、
持ちやすいように小さく焼いて、
それを葉っぱにくるむ」

のだそうです。


知らなかった。


子どもたちが学校へこれを持っていくことは
昨今ないでしょうが、
畑仕事のお父さんたちはまだまだ普通とか。


妙に納得!
そしてなんだかうれしい!

アナのお弁当でした。





ほうれん草をもらったので♪ - 2016.09.16 Fri

家には電話もないし、Wi-Fiもない、
携帯電話のWi-Fiデザリングだけ・・・。
なのでついつい自分のブログはおそそかに。

という言い訳のもと、一か月ぶりのアップです♪


マリアとフアニータの家に行った際、
ほうれん草を頂きました♪



ほうれん草4

ほうれん草をとっているマリアとおいっ子君。
その他にも、イエルバブランカ、レモラチャ、シラントロ、人参など、
いろいろ育っていました♪


ほうれん草1

大きくておいしそうなほうれん草。

なぜここで野菜たちが育っているかは、
また他で書くことににします♪


ほうれん草

家にもどり、きっちり水洗いし、
さあて何を作ろうかな??


ほうれん草1


エリカからもらったEFAたまごがあったので、
一緒にいためて、ほうれん草の卵とじ 

いつも手元にあるのに全く使わない
和風だし&醤油もいれて
しっかり和食♪

ご飯が食べたくなってしまった美味しさでした。

そして次の日・・・・。


ほうれん草3


パスタの素ととチーズがあったので、
ほうれん草とチーズのトマトスパゲッティ― 

朝食はほぼスパゲッティ―の
グアテマラの毎日ですが、
飛び切り美味しかった♪


グアテマラで菜っ葉類を買うことは、
めったにないので、

久々の青菜料理。

体にいいもの食べられました。
マリア&フアニータありがとう♪

そして、これを育ててくれた
みなさまごちそうさまでした♪

















エリカのお祝ラザニア♪ - 2016.08.26 Fri

グアテマラに来て以来の友人エリカは、
月曜日から金曜日まで、
午前中も午後も先生として働いています。

午前中はソロラの農業中学校で教え、
午後はパナハッチェルの家庭科の先生。

そのため家にいるのは土日のみ。

疲れているでしょうに、
彼女が家にいる時に訪ねないと怒られます。


こちらに戻り日曜日を利用してエリカの家に。

大学生&社会人になった息子たちも
戻ってきていました。


エリカの家の今日のアルムエルソ・昼食は
大きな手作りラザニア 


erica.jpg

具もチーズもいっぱいでアツアツ!

「ホルヒート(息子)が作ったよの」
「今日はお祝だから」

「?」


erica2_20160821112119d38.jpg

ちょっと遅くなった私の誕生日祝いのラザニアだったらしいのです。

ありがとうエリカ。
息子たち♪


erica3.jpg


美味しくお腹いっぱい食べました。
もちろんみんなが!!



愚痴がとっても多いけど、
おおらかで、あったかくて、
時間にルーズで、適当で(あれ?褒めてない)
まさしくグアテマラ人のエリカ!


この国の生活、グアテマラの人に慣れたのは、
いろんな意味でエリカのおかげ。


心を込めてありがとう 
そして、ごちそうさまでした。





美味しかったセマナサンタパン☆ - 2016.04.08 Fri

毎年の様に書いている気がしますが、
今年もセマナサンタのスペシャルパン
いろいろ頂きました。


pans.jpg

大家さんファミリーから頂いたパン。
(いっぱいいるのでそれぞれの家庭からもらった!)


panS1.jpg

アナが持って来てくれたパン。
かまどの味がしました。


panS2 (2)

地元サンマルコス県に戻っていた
ウイリアムさんからもらったパン。


形も、大きさも様々。
そして味もいろいろなのです。

グアテマラの伝統が薄れてきたと言いつつも、
ソロラはまだまだまだ根付いており、

材料(たまご、さとう、こむぎいこ、ラードなど)を
パンヤさんに大量に持ち込んで、その分のパンを受けとります。

この時期パンやさんはセマナサンタパン作りだけに
精を出すので、甘く無いパンは焼かず、
その上店も閉まってしまいます。


私もとりあえず、
ちょうどガイドの仕事で行ったアンティグアのドーニャルイサで買ってきた
ブドウパン、オリーブパン、バナナパンなどを組み合わせて
お返ししました。

ちょっと味に変化がついていいかなと思って!


この時期どこに行っても
チョコラテかコーヒーと
セマナサンタパンを出してくれます。


Pans4.jpg

今年は、私も作業所に来た女の子たちに毎日のようにふるまったので、
(もらったパンですが・・・・)みんな平らげられました♪

美味しいうちに食べられてよかった。
毎年やわからいうちには食べきれず、
パサパサ&硬めのを食べることになっていたのです。



panS2.jpg


私にとって今年の一番は、マルタさんのことこでもらったパン。

お料理上手なマルタさんだけあり、
味にもうるさい。

たまごがたっぷり使ってあるのでしっとり。
けれど甘すぎず、さっぱりとしていました。


セマナサンタには、パンをとりに来るように言われてたけれど、
いけなかったファミリーもありました。
ごめんなさい。


とにもかくにも皆さんに感謝。
ごちそうさまでした 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

solola

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め16年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (67)
グアテマラを食べる (63)
グアテマラを旅する (61)
グアテマラを書く&語る(仕事) (10)
グアテマラを織る (6)
グアテマラの人々 (28)
グアテマラの植物 (22)
グアテマラの民芸品 (6)
フェアトレード・セミージャ (8)
青い空の会(子どもの就学支援) (9)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (16)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (9)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (37)
日本のこと (37)
日本で食べる (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム