topimage

2018-07

ゲンジボタルから思うこと - 2018.06.29 Fri

先日、協力隊を育てる会さまの通常総会講演会で、
お話しさせいただく機会を得ました。

私の公演は、
本当に申し訳ないくらいのたどたどしさに終わってしまったのですが、
(反省仕切り)

そのときに五百旗頭真先生(政治学者)
佐藤千歳さん(OB 臨床検査技師)のお話を聞くことができました。

今回のテーマは、

「日本外交における青年海外協力隊の意義とカタチ」
そして、私たちの講義のテーマは
『協力隊OBOGが語る還元の形」


IMG_5753のコピー 


お話を聞かせていただき、
思うところが色々あったのですが。


翌日テレビでゲンジホタルのドキュメンタリーを見ました。
動物写真家の小原玲さんがゲンジボタル前線を追う姿が中心だったのですが、
(ホタル前線 北上の旅 蛍火が照らす 美しき日本)

以前は無数のホタルが見られたのに、
今はいない。

ホタルが帰ってきてくれるよう
様々な取り組みをする人も取り上げられていました。

ゲンジボタルが生きるため、
必要な食べ物であるカワニナが生きられる
綺麗な川をつくる。

話を盛るわけでもなく、
取り組みがただ撮られている。

生活汚水を流さない。
自然に優しい石鹸を使う。
など。


思わず私もしなくてわ!
と思ってしまいました。

テレビや本に感化されることなく、
独自の路線をいく私ですら!


この後、幻想的に舞う蛍の光の映像。
写真家の小野さんが撮られた息をのむ写真。

を見たらそうなります。


こうしなさい。
ああしなさい。
こうはしないで。

など語られたらそうは思わなかった。

淡々とした現実。
そして蛍の映像。

心が揺さぶられました。


と話は戻り、
それが協力隊の人々がやってきたことなのではないか。
とリンクしたのです。


他の国の支援活動のように、
言葉で、お金で、有意差でするのではなく、
その地の人とともにある支援。

目先の成果ではなく、
もっと先にあるものを見据えてする支援。


グアテマラで就学支援&生活自立支援を始めはや15年。
迷いもある。
色々言う人もいる。
納得できないこともある。


けれど、蛍は戻ってくる。

協力隊時代、ソロラの家で見た風景。
標高2000mを超す、
山間の川面を飛び交う何百という蛍の光。

クリスマス時期だったので、
まるでクリスマスツリーのように思われ、
感動し立ち尽くしたことを思い出しました。


子どもの頃、夏の夜には田んぼへ蛍を見にいきました。
けれどもう飛んでいない。
けれどもしかしらいるかもしれない。

今年は蛍を見に行こう!






日本でミシン - 2018.02.09 Fri

グアテマラで、女の子たちとミシン作業をしています。
私も、決してミシンが上手なわけではないので、日本でも練習を。


fullsizeoutput_cd.jpeg

家のミシン。


昔妹が母に買ってもらったミシンがあったので

それを使ってます。




DSC_2810.jpg


シンガーミシン。

グアテマラのミシンより旧式。
ふたがとれてしまったのでテープで張ってます。

タカタカタカタカ >>>>>>
内職。


みんな上手になって、いろいろ作れたたら素敵なのに✨
と夢を見ながら。



DSC_3016_20180214183243947.jpg


ちなみにグアテマラではこう!

と思って作ったパンツ。


裁縫を習いに行った縫工房さんで教えていただきました。

完成するってこんなに嬉しいんだ🎶


感動しながら

mono作りができたらいいなぁと。

夢がふくらみます✨









雪が降った! - 2018.02.02 Fri

1月末の雪のこと。

お昼ぐらいから大雪が降るらしい
朝父に言われたものの、
曇り空を見つつまさか?

と思っていたら本当に大雪でした!


DSC_2721.jpg


お昼ぐらいからパラパラと、
そして降り続き、夕方には銀世界✨

吹き付ける雪とあまりの寒さに、
外で雪を楽しむ余裕はなし!

外が大好きな我が家の猫さえ、
足を出したものの外には出ず。



DSC_2742.jpg


一晩降り続き、
翌朝には辺り一面、

想像以上の雪景色でした。


DSC_2772_20180126232614617.jpg 


雪の中に埋もれるおいっこ。
4歳にして初めての大雪体験。
(2年前は小さかったので雪遊びしなかったようです。
ちなみに日本に私はいなかったようです)


この大雪を体験しようと、
前日から我が家に泊まっていたおいっ子&妹。
(彼らの家はマンションなので・・・)


DSC_2782.jpg


門から駐車場までも雪。
積雪16~20㎝。
なのでおいっこ、こっちでもはまってます。




DSC_2759.jpg


雪が深すぎて、

小さな長靴だから中に入ってしまう。
すぐに転ぶので手袋もびちゃびちゃ。
でも子どもは雪の子?風の子?


DSC_2779.jpg


明日は幼稚園に行くのに車を出さないと!
ということで雪かきスタート。

なぜ門から駐車場までこんなに長くしたんだろう?
という素朴な疑問をいだきながら雪かき。

おいっこもシャベルを持っていったり来たり。
雪を投げたり、
雪山に登ったり、
坂を滑ったり、

2時間ほど満喫✨

足が悪い母は家で丸くなり?
父は長くつはいて老人会の新年会へ?
私と妹はその後、家の前の道も50mほど雪かきでした。


と!


DSC_2803.jpg


おいっこ君こちらもはじめて。

足がパンパンにむくんではれあがり、
しもやけに!

転げまわっていたので下着まで雪でびっしょり。
お風呂に入れられ、顔が青と赤に。
(本当に半分に分かれててびっくり!)
冷えきっていたのでしょう。
お湯につけた足が痛く泣きわめいていました。

最初は、この写真以上にパンパンに膨れていました。

長くつは冷気が入りやすいので、
しもやけになりやすいんだそうです。
これから注意しなくては。

そういえば、私は足があまりにも冷たくて、
厚手の靴下を履きたした。

おいっこはそのまま雪まみれでした。
子どもは雪の子?ではないことも判明&反省。


雪国の方からしてみれば日常なのでしょう。
けれどめったに雪の降らないこちらでは大騒動。


まだまだ残っている雪。
庭の雪かきはあえてせずそのままに。

なので我が家もまだしばらく
雪景色楽しめそうです。




洗面台の水漏れをなおす - 2017.12.15 Fri

先月はスマホの電池交換をしたと思ったら、
今度は洗面台ドレッサーの水漏れ。

とある日脱衣場に水が。
以前あったように洗濯機から出ているのかと思いきや?

ここだったよ
と妹が発見。
洗面台ドレッサーからだったのです。


いろいろ調べたところ、

辺りから出ていることが分かり、
といあえず父にナショナルへ電話してもらう。



DSC_2142.jpg


修理は29000円。
かなりする・・・。

のでいろいろネットで調べ、
部品を買ってなおすことに。

届いた部品をつけてみたけれどなおらない・・・。

再度父とあちこち観察!!
結果出ている場所が判明。

上の写真の場所でした。


DSC_2169.jpg


再度ネットで調べ「コネクトオンライン」さんでこちらを購入。
ナショナルの純部品をちょっとでも安く!
と探し買わせていただきました。


DSC_2157.jpg


届いた商品↑


こちらについてきた説明書と、
ナショナルさんで作っている動画と、
修理したよという方たちの投稿写真を見つつ
スタート。


DSC_2146.jpg


最初の洗面所の下の状態。
気が付かなかったのでかなりかびてました💦

水が持っていたんだから当たり前でしょうか。
父が懐中電灯で照らしながら見ている時、
下に張ってあった板を割ってしまいました💦

とりあえず、説明どおりに、
ワンタッチジョイントを外し、

我が家もこの洗面ドレッサー、10年ほど使っていて、
ここを外したことは一度もなかったので、結構固くとれにくかったです!
力が結構いりました。


次に、シャワーヘッドを持ちつつ、
シャワーホースを穴から引き出します。

途中までスムーズでしたが、最後はちょっと力がいりました。
無理に引っ張って壊れてしまったら・・・とびくびくしながら引っ張り。
無事脱けました。



DSC_2172.jpg

左:古いもの と 右:新しいもの。
当たり前ですがこんなに色が違います。

シャワーヘッドの中を掃除して、
シャワーホースを再度取り付けました。

ホースを戻し、
後はワンタッチジョイントをつけるだけ!

ジョイントの部品とホースの金具をペンチでしっかり取りつけ、
入れようとしたのですが、
最後まで入らず。



入ったかなと思って、
水を出すと放水!!!

「かちん」とはまれば大丈夫。
と説明にはあったのですが、
我が家のものはかなり硬く、上までジョイントが入らず四苦八苦!

4歳のいたずらっこ&おいっこが応援に来てくれ、
懐中電灯で照らしたり、
部品を付けたりしてくれるので
…中断。



出かけていた父の帰宅後、
続きをやってもらいました。

しっかりペンチで取り付け、
結構力を入れジョイントをはめ・・・。

水を出してみました。

水が出た。
水が漏れなかった。

大成功



1週間ほど放置されていた洗面ドレッサー
無事使えるようになりました。


今回も
いろいろな方の投稿のおかげ。
ナショナルさんの分かりやすい動画のおかげ。

グアテマラでは自分で屋根に登ってなおしたり、
洗濯機の下水の処理をしたり、
日本ではしないことしてるもんなぁと思いつつ、


得意ではないことをするととても疲れる。
もう何も壊れませんように
と祈るばかりなのです。

楽天スマホのバッテリー自分で取り替えてみました - 2017.12.01 Fri

今回日本でいろいろな物が壊れます。
パソコンのキーボードが効かなくなり。
スマホも充電が全く持たない。

パソコンはグアテマラへ戻るまでに考えるとして、
(1000円でボードを買って売っていたのですが、
従姉妹ご夫婦が使ってない物を持ってきてくれました。
どうもありがとう

スマホ・・・。

充電が今100%があったはずなのに、あっとう間に黒い画面に。

アプリがいけないのかと思い重いものを消し、
おいっこの大好きなゲームも消し、
でも変わらず。


電池交換1万円以上する。

グアテマラでなおしたら安いはず。
(アメリカから入ってくるスマホも多く、
それを修理、改造している場所がたくさんあります!)

でも来年まで待てない。

もう買っちゃおうか!
と思ったのですが、

ネットで自分で修理された人たちの記事を
何度も読み挑戦することに!



P1100685.jpg

アマゾンで注文し送られてきた物。
Deeproさんで購入させていただきました!)

電池と工具もろもろ。

私のスマホは楽天モバイルのソニーXperia J1 Compactoですが、
Xperia Z1 Compacto 仕様で使えるようです。


ネットの記事をあれこれ読み、
ユーチューブの動画を所々見て、
商品についてきた説明書を読み、
やってみました。

誰にもじゃまされない深夜に作業。
写真が暗いのはそのためです・・・。


P1100688.jpg

ふたを開ける。

背面カバーをとめている両面テープをはがすため、
ドライヤーをよく当てる。結構面倒。
とあったのですが割とスムーズ。

(以前使っていたipohoのwifiが消えてしまったとき
復活させるのに、しょっちゅドライヤー当ててたおかげかな?)



P1100695.jpg

電池をはずす。

この時、フラッシュレンズを取るべきかどうか悩んだのですが、
(ネットにはとってある物とないものがあったので…。)
結局とりました。

NFCアンテナは、上手く外せましたが、
きちんと張れず、何度もやりなおす。

けれど、元のバッテリーの白い部分ごとはがし、
そのまま新しいバッテリーに張っていたため、
やりなおしても大丈夫でした。


そして、フラッシュレンズを再度装着。
(全くできず。うまくはまらず。
これに一番時間がかかりました!)



P1100693.jpg

四苦八苦する中、偶然はまり!
奥にぐっと押し込んではめ込んだような気がします。

NFCアンテナを傷つけたら元も子もないですが、
フラッシュレンズにかかっている部分をうまい具合に上げれば、
フラッシュレンズをとらなくてもいけたのでは、
はまらないフラッシュレンズと格闘しながら、
不器用な私は思いました。



P1100697.jpg

再びバッテリー装着✨

どうにかできました!
約1時間。



使い始めて1年10か月。
寿命・・・だったようです。

スマホやりながら寝てしまってたり、
充電器につけっぱなしだったり、
おいっこと恐竜のユーチューブ見続けてたり、
バッテリーに悪いことをしていたよう。

1週間たった今日も、
1日ちゃんともちます。
あまり使わない日は、2日近く持っています。

よかった。
目に見える?ストレスがなくなった感じ・・・です。

けして機用ではない私もできました。
記事を書いてくださったみなさまありがとうございました♪




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め18年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (47)
グアテマラを食べる (76)
グアテマラを旅する (70)
グアテマラを書く&語る(仕事) (14)
グアテマラを織る (7)
グアテマラの人々 (32)
グアテマラの植物 (23)
グアテマラの民芸品 (10)
フェアトレード・セミージャ (12)
青い空の会(子どもの就学支援) (13)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (20)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (12)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (46)
日本のこと (44)
日本で食べる (4)
日本の植物 (3)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

QRコード

QR

検索フォーム