topimage

2017-10

AKIKOさんファミリーグアテマラ続き♪ - 2017.09.15 Fri

遊びに来てくれていたAKIKOさんファミリー。
いろいろな人たちと記念写真。


DSC_0793.jpg


作業所に来てくれた女の子たちと!

お仕事が終わった後、
AKIKOさんが持って来てくれた
ビーズを使ってネックレス&ブレスレット作りも楽しみました。

そのできにちょっとびっくりしたけれど!


DSC_1019.jpg

AKIKOさんたちがソロラを立つ前日。
大家さんたち訪問&写真撮影。

多分その時家にいたのだろう全員が来てくれて、
プレゼントやお礼の言葉の贈呈。そして写真撮影。

前回(RISAさんのとき)もそうだったから、
今回もあるはず!
と思っていたのに9時過ぎてもなく、
ない?

と布団に入ったら
ドンドン!
と扉をたたかれ登場してくれました♪


DSC_1053.jpg


最後の日の記念写真。
SOU&YUさんははっぴ浴衣
もちろん大人気でした。


DSC_1047.jpg


そして撮っているのを見ているのも面白い。
みんな自分の携帯でパチパチと。

そんなみんなをとってみました♪
とっても楽しそう 


子どもたちがいるからこそ、
生まれる繋がり。


SOU君とYUちゃんが、
ソロラのちびっ子たちが、
大きくなっても
今日の日のことを。

一緒に遊んだこと、
その時の気持ちや、
相手の笑顔などなどを
覚えていてくれることを
祈りながら 



AKIKOさんファミリー来グアテ♪ - 2017.09.01 Fri

2年前来てくれた昭子さんファミリが
また来てくれました。

今回はソロラに1週間ほど。
コマラパやチマルテナンゴ、サンマルコスなども合わせると
約1か月のグアテマラ生活。

ちょうどソロラはおまつりだったので、
パレードを見たり、
買い物にいったり、
友だちの家に一緒に行ってもらったり。



DSC_0786.jpg

コマラパのウイピル&コルテで現れたYUちゃん
みんなびっくり♪

けれどそのおかげで、 一瞬にして2年の月日が飛び去りました♪



 DSC_0866.jpg

アティトラン湖へ行った際の一枚。

火山と湖とそして二人。
楽しそうに遊ぶ姿が何とも微笑ましく。

水着を持っておらず泳げず・・・。



DSC_0893.jpg

大家さんファミリーのちびっ子たちと遊ぶ毎日。

毎日朝から「SOU」「YU」と大人気の二人。
それぞれの子どもたちと、
それぞれ遊んでいました。


DSC_0984_20170819080913d94.jpg

宿題をする二人と、
そばで自分の宿題(ママが出してくれたもの)をするNちゃん

スペイン語と日本語。
言葉は伝わらないのに、
ずっと一緒に何やらしている。

子どもたちのコミニティー力のすごさ 


DSC_0981_20170819080915a1a.jpg

この日も二人でゲーム。

幼稚園生のTくん
時間があればいつも来て、
お母さんやお父さんに呼ばれても隠れて?
遊んでいました。



家には中庭があり、
それを囲むように、各家が建っているため、
(大家さん、妹さん、弟さん、両親ファミリー)
夜になっても安心して遊べるのです。

一週間いっぱい遊びました!
お疲れ様でした。

つづく。



柴又へ行ってきました。 - 2017.06.30 Fri

名古屋から友だちが来てくれて
柴又へ。

父が大好きな「ふうてんの寅さん」のあの柴又!


DSC_0248.jpg

駅で友だちと待ち合わせ。

始めての柴又駅。
京浜金町線。

駅前には寅さん。
さくらさんの銅像がありました。
(もちろん多くの人が記念写真撮ってました♪)



DSC_0315.jpg

まずは柴又帝釈天へお参り。

帝釈天って。
どう読むのかすら分からなかったので、
上のHPをちょっと覗いてみました。


”帝釈天はインド最古の聖典である
『リグ・ヴェーダ』の中で最も多くの賛歌を捧げられている
軍神・武勇神インドラと呼ばれる重要な神さまです”

とのこと。


taisyaku02.jpg

こちらが帝釈天。
高野山霊宝館の資料を参考にさせていただきました。




DSC_0274.jpg

その後は、寅さんの舞台になったお団子やさん!

ではなく、寅さん記念館へ。


2012年12月に5回目のリニューアルがされたそうで、
本当にいろいろと見どころいっぱい。

再現ジオラマ、実際のセット、ミニチュア模型、
駅舎、鈍行列車の・・・・などなど


DSC_0280.jpg



DSC_0296.jpg

さすが寅さん。
とてもよくできているのです。

寅さん大好きの父が来たら、
すべてがツボだろうなぁ~。
何時間も楽しめるだろなぁ~と。
感嘆しつつ見ました。



DSC_0303.jpg

ぶらぶらしながら最後は、
このあたりをよく知っている友人おすすめの
山本亭へ。


大正末期に建てられ、書院造に西洋建築を取り入れた、
和洋折衷の建築が特徴の建造物なのだそうです。

米国の日本庭園専門誌「Sukiya Living』
のランキング調査(2016年)で第3位。


この庭園を見ながら、
お茶をいただけます。



DSC_0308.jpg

私は冷やし汁子。

平日の遅い時間だったので、

待つこともなくのんびりできました。

畳の席で、
それぞれくつろぎながら、
味わいながら、過ごせる時間。


私も、久々に会う友人と、
何ということのない話をしながら、

味わう日本の味。
貴重な時間でした。


家族のお土産には、
もちろん寅さんゆかりの草団子と、
お漬物を買いました。

遠くから来てくれてありがとう。
いろいろな情報どうもありがとう。

参考:かつまるガイド


パパの仕送りで建てている家♪ - 2016.06.02 Thu


可愛い二人の女の子たちに会うのがいつも楽しみ
うまれてばかりと思っていた下の子も、
今年から幼稚園!


Calmerina.jpg

日本からのお土産&二人の入園祝の靴を持って
行ってきました。

さっそくお試し中!
2歳違いだけれどほぼ同じサイズ。

5歳になったお姉ちゃん、日本のおいっこ2歳半と同じおおきさ!
やはりこの辺の子は小柄。
(おいっこが大柄?!)



DSC_0822.jpg

お昼ご飯ごちそうになりました。
今日はごちそうの定番のお肉とトマトソース。
(私が行くときに用意してくれるみたいです。ありがとう。)

それに焼きたてほかほかのトルティーヤ♪



carmelina1.jpg

二人も一緒に♪

トルティーヤ、ママのカルメリーナは5,6枚は食べますが
彼女たちは1枚食べるか食べないか。

好みが、トルティーヤから、
パン、お米に好みがうつってきている子も多いようです。
(首都部ではコーンフレークも)

と話外れましたが、
可愛い二人と仲良く一緒に食べました。

ママやおばさんたちは、コシーナ(台所)
のかまどを囲んで食べてます。



carmelina2.jpg

食後は建築中の新居へ。

アメリカに出稼ぎ中のパパの送金で建てています。

今問題になっている、ビザなしの状態なのですが、
仕事を見つけて仕送り。

下の子が生まれてすぐに行ったのでもう3年。
グアテマラでは稼げない様な金額なので、
アメリカへ行くための借金を返し、
その後2年ほどで家が建つのです。

2階建てで、
8部屋もある豪邸?!

MITSU(私)の部屋もあるよ~
と二人の子どもたちは案内してくれます♪



設計はアメリカのパパがしているそうです。
大工さんや材料の手配は、グアテマラのカルメリーナがやっています。

アメリカに住んでいるのに、家は全くのグアテマラ風。
トイレやシャワーは外。
外の廊下に出ないと行き来できない。

なんだか、もったいないなぁと思ってしまうのですが、
日本人だかでしょうか。


スカイプで毎日の様に話をしてるようですが、
下の子はパパの顔を知っていても、
温もりを知りません。

あと2年ほどで戻ってくるようですが、
いいファミリーになればいいなと願うばかりです。



ちょっといいこと - 2016.04.22 Fri

グアテマラにいるといろいろある。
いいことも、よくないことも。
もちろんどこにいても同じだけれど…。


先日であったちょっといいこと♪


ウイピルが必要になって、
チチカステナンゴへ買い出しに行った。



500_10357668.jpg

グアテマラの有名な観光地の一つチチカステナンゴ。
木・日曜日に開催されれる民芸品市が有名。



その時乗ったローカルバスでの出来事。

余談: この頃グアテマラでは、ワゴン車がバスになっている。
超ローカルエリアまで網羅していて、なかなか便利。
8人乗りのワゴン車が、20人乗りぐらいにはなっていますが…。


小さなおばあちゃんが道端に立っていた。

どこでも停まって乗り降りできるグアテマラバス。
おばあちゃんも乗ってきた。

けれどあまりにも小さくて乗れない。
乗りたくても足が届かない....。

すると
「ぽい」
と助手の男の子が抱きかかえてのせていた。


凶暴で有名なこのエリアのバス。
助手の男の子、髪の毛はさかだち、ネックレス、指輪がジャラジャラ。
客寄せをしていたこえは、とても野太くて…。


それが、おばあちゃんをやさしく抱き上げて
「ひょい」

思わず微笑んでしまった 


しばらく走り停車。
助手の男の子が用足しに?降りた間に、

さっきのおばあちゃん、

よっこいしょ。
と車を降りヨタヨタ去っていった。


目で追っていたドライバーと、
走って戻ってきた助手の男の子、

おばあちゃんをみながら、ボソッと何やら言って苦笑い。
何を話していたかは不明。
(キチェ語なので)


おばあちゃん。
運賃払わなかった。


うーん。
よくわからないけれど、いいんだ❓

なぜかまた微笑んでしまった 


仕事とか、
義務とか、
頭で考えるのではなくて、

誰かのために、
体が自然に動く。

大家族ならでは❓


運賃を払わなくていいのは、
おばあちゃんだから❓


どんな状況なのかはよくわかりませんでしたが、
ほっこりした出来事でした。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め18年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (41)
グアテマラを食べる (72)
グアテマラを旅する (69)
グアテマラを書く&語る(仕事) (14)
グアテマラを織る (7)
グアテマラの人々 (32)
グアテマラの植物 (23)
グアテマラの民芸品 (9)
フェアトレード・セミージャ (12)
青い空の会(子どもの就学支援) (13)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (20)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (12)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (42)
日本のこと (37)
日本で食べる (3)
日本の植物 (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

QRコード

QR

検索フォーム