topimage

2018-06

ゲンジボタルから思うこと - 2018.06.22 Fri

先日、協力隊を育てる会さまの通常総会講演会で、
お話しさせいただく機会を得ました。

私の公演は、
本当に申し訳ないくらいのたどたどしさに終わってしまったのですが、
(反省仕切り)

そのときに五百旗頭真先生(政治学者)
佐藤千歳さん(OB 臨床検査技師)のお話を聞くことができました。

今回のテーマは、

「日本外交における青年海外協力隊の意義とカタチ」
そして、私たちの講義のテーマは
『協力隊OBOGが語る還元の形」


IMG_5753のコピー 


お話を聞かせていただき、
思うところが色々あったのですが。


翌日テレビでゲンジホタルのドキュメンタリーを見ました。
動物写真家の小原玲さんがゲンジボタル前線を追う姿が中心だったのですが、
(ホタル前線 北上の旅 蛍火が照らす 美しき日本)

以前は無数のホタルが見られたのに、
今はいない。

ホタルが帰ってきてくれるよう
様々な取り組みをする人も取り上げられていました。

ゲンジボタルが生きるため、
必要な食べ物であるカワニナが生きられる
綺麗な川をつくる。

話を盛るわけでもなく、
取り組みがただ撮られている。

生活汚水を流さない。
自然に優しい石鹸を使う。
など。


思わず私もしなくてわ!
と思ってしまいました。

テレビや本に感化されることなく、
独自の路線をいく私ですら!


この後、幻想的に舞う蛍の光の映像。
写真家の小野さんが撮られた息をのむ写真。

を見たらそうなります。


こうしなさい。
ああしなさい。
こうはしないで。

など語られたらそうは思わなかった。

淡々とした現実。
そして蛍の映像。

心が揺さぶられました。


と話は戻り、
それが協力隊の人々がやってきたことなのではないか。
とリンクしたのです。


他の国の支援活動のように、
言葉で、お金で、有意差でするのではなく、
その地の人とともにある支援。

目先の成果ではなく、
もっと先にあるものを見据えてする支援。


グアテマラで就学支援&生活自立支援を始めはや15年。
迷いもある。
色々言う人もいる。
納得できないこともある。


けれど、蛍は戻ってくる。

協力隊時代、ソロラの家で見た風景。
標高2000mを超す、
山間の川面を飛び交う何百という蛍の光。

クリスマス時期だったので、
まるでクリスマスツリーのように思われ、
感動し立ち尽くしたことを思い出しました。


子どもの頃、夏の夜には田んぼへ蛍を見にいきました。
けれどもう飛んでいない。
けれどもしかしらいるかもしれない。

今年は蛍を見に行こう!






素敵な展示会♪ - 2018.06.22 Fri

5月末ジュエリー作家の吉田りえさんが、
素敵な企画展をしてくださいました。

~Simpatica  Plus Exhibition~

「マヤの国からの贈りもの」


(お知らせはこちらに書きました。)


IMG_0325.jpg 


5月25〜30日
吉田さんの素敵なアトリエで
開催していただきました。

メキシコの民族衣装とハット。
グアテマラとやっぱり似ているなぁと
嬉しくなってしまうのです。


IMG_0337.jpg


メキシコで焼かれた陶器。

Simpatica〜シンパティカ〜という、
吉田さんのアトリエがハチドリとともに。

メキシコでは、ちょっとユニークな人やモノに対して
「¡Muy Simpática(co)!」と言うのデス。


吉田さんの想いがたくさん詰まっているのですね。




IMG_0321.jpg 


写真を通しては見せていただいていたのですが、
実物を拝見するのははじめて 

存在感、
リズム、
インパクト、

他の誰にもできない、
吉田さんのアート作品。



IMG_0344.jpg 


そこにグアグアプロジェクトの女の子たちの
商品を展示&販売いただきました。


自分たちで販売しているときは、
準備も、販売も
慌ただしくて、
バタバタしてしまうのですが、

今回は気持ちも
ゆっくりさせていただきました。


吉田さんが作られる
ジュエリー作品の数々に加え、

亡くなられたお母様が、
ずっとメキシコを愛してらしたそうで・・・。
その想いもたくさん詰まった企画展でした。


素敵な機会を、
素敵な時間を、
素敵なコンベルサシオンを、
どうもありがとうございました。














西田擁平さんの写真展 - 2018.06.08 Fri

こちらも前のことになってしまうのですが、

グアテマラの古都アンティグア
5つ星ホテルカササント・ドミンゴで
西田擁平さんの写真が展示されていました。


DSC_4422.jpg 

ホテル・レストラン前のギャラリーにて。
石造りのギャラリーは、
引き込まれてしまうような雰囲気。


DSC_4415.jpg 

西田さんが撮られた作品一点一点が、
浮きだされるようです。


DSC_4414.jpg 

スペインコロニアル時代のサント・ドミンゴ修道院を
ホテルにした5つ星ホテル。

当時の面影もしのばれます。


DSC_4417.jpg 

館長のANAさんが設置されたようです。
西田さん満足いただけたでしょうか。



DSC_4416.jpg 

今回は販売を目的に展示していただいたのですが、

ちょうど展示されていたのは、
イースター休暇の期間。


ANA館長のボスが、
西田さんの作品を気に入られていて、

この期間ホテルを訪れる外国の方たちに、
グアテマラの姿を見て欲しい。

売れるかどうかより、
グアテマラの姿を知ってもらいたいのだ。

と言われたそうです。


グアテマラを、
日本の写真家の方が表現した。


夏には、前回西田さんが個展されたテネドールの丘の博物館
(当時から新しいスペースができているのでどこかは不明)
で展示販売されるそうです。

私がグアテマラへ戻る頃
ちょうどやってるわ。

と打ち合わせしたANA館長がおっしゃってました。
またおしらせします。





マヤの森を旅する - 2018.06.01 Fri

ちょっと前のことになってしまうのですが、
今年の2月。

マヤナッツの代表大田美保さんが
マヤナッツツアーをされた際、
ガイドとしてご一緒させていただきました。



DSC_3193.jpg 


美保さんのマヤナッツの原点ともいえる森。
ラモン(マヤナッツ)の木を囲んで、
みなさんでお祈り。

森に差し込む太陽の光と、
青い光。



DSC_3168.jpg 

ティカル遺跡の
ムンドペロディード・失われた世界にて。

写真を撮ってみたら
どの写真にも振りそそぐ光。

ティカルへ行かれるときには、ぜひ・・・。


DSC_3186.jpg 

このお地蔵様のような顔の実が
ラモンの実。

マヤ文明とマヤの人々と共にあった
マヤの植物。

みんなをあたたかく受け入れてくれているような
柔らかな微笑みに思えます。

今はトウモロコシが主食のグアテマラ。
マヤの時代これを粉にし食用にしていました。

ソロラの人に聞いても知りません。
けれど大切なマヤのグアテマラの植物なのです!

ラモンの物語は、
ぜひ大田さんのお話しを読んでみてください。

都内を中心に色々な場所でお話し会もされているので、
興味のある方はぜひ。
FBでもみられるようです♪)

素敵なお話し&美保さんのとりこになってしまうでしょう♪


DSC_3316.jpg 


2月20日。
マヤの新年にはマヤのセレモニーに参加。

美保さんの古くからの知り合いの方が
仕切られたセレモニーを一緒に
祝わせていただきました。

去りゆく年(紫のろうそくの祭壇)から
新しい年(右の白い花の祭壇)へ火が引き継がれていきました。


火がメッセージをくれるそうです。

今年は戦いに関することがある。

そして”タネ”。
人々が守ってきたタネを大切にすること。
それを守り活かしていくこと。

知ってる方もいると思いますが、
今年日本では4月に種子法が廃止されました。


グアテマラで暮らしていると、
作ること、育てることに密接になり、
それが持つエネルギーと、
大切さを感じます。


お一人お一人のナワルも見てくださって
みなさんそれぞれ納得。


美保さんのおおらかさと情熱。
そして、参加された皆さんの意識の高さと、
そして遊ぶことも上手。


素敵なツアーにご一緒させていただきました。
ありがとうございました。








大阪の素敵なイベント♪ - 2018.05.18 Fri

素敵な招待状が届きました♪


IMG_0155.jpg 

まききよ(かんまききよみ)
『メロンパン』絵本原画展

5月2 2日(火)~5月27日(日)11時~18時(最終日:17時まで)
会場:福嶋屋町屋カフェ
茨木市上泉町6ー29
阪急茨木市駅より徒歩12分
JR茨木駅より徒歩20分
川端康成館の近くです。

北牧チカ&中川健jazzライブ
5月26日(土)14時~15時定員20名
料金一人千円(完全予約制)

かんまききよみのよみきかせ
5月26日(土)ライブの前
5月27日(日)14時~

会場にて:子どもたちへの教育支援活動として『グアテマラの青い空の会』のグッズを販売します。



グアテマラに来てくださったこともある上牧さん。

グアテマラの子どもたち支援する「あおいそらの会」にも入ってくださっていて、
支援してくださっていた男の子の絵本も書いてくださったことが♪


そして、今回
グアグアプロジェクトの商品をいろいろ販売いただきます。

私たちはなかなか大阪(方面)に伺えないのですが、
グアテマラの女の子たちの、
女性たちのMONOを見ていただける!

上牧さんありがとうございます

素敵な個展になることをお祈りしています。


お近くの方は是非是非。
上牧さんワールドのとりこになるこ間違いなしです。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Weather Widget
YoWindow.com yr.no
 

プロフィール

Author:solola
中米の国グアテマラに住み始め18年目になりました。
観光ガイド&ライターとして、ソロラに住む日本人として、出逢った人々、風景、日々の出来事など語っています。
ホームページ以前のブログ。 お時間のあるときに見てください♪

最新記事

カテゴリ

いろんなグアテマラ (46)
グアテマラを食べる (76)
グアテマラを旅する (70)
グアテマラを書く&語る(仕事) (14)
グアテマラを織る (7)
グアテマラの人々 (32)
グアテマラの植物 (23)
グアテマラの民芸品 (10)
フェアトレード・セミージャ (12)
青い空の会(子どもの就学支援) (13)
グアテマラのこと (4)
ソロラのこと (20)
グアテマラのニュース (8)
いろいろな国を旅する (12)
ラテンの本や音楽 (3)
日本でのイベントに関するお知らせ (46)
日本のこと (43)
日本で食べる (4)
日本の植物 (3)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

QRコード

QR

検索フォーム